FC2ブログ

- ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » 
-->

【グリーンインフラレンディング】環境省からJCサービスに補助金返還命令

7/11、環境省で以下の発表がありました。
※引用文以外はあくまで所感で根拠はありません。

「再生可能エネルギー導入のための蓄電池制御等モデル事業」における補助金返還命令について

 (株)JCサービスは、平成24年度に「再生可能エネルギー導入のための蓄電池制御等モデル事業」(平成24年度補正事業)に採択され、鹿児島県徳之島町において、太陽光発電システムに鉛蓄電池を増設する事業を実施していましたが、今般、当該蓄電池が稼働しておらず利用されていないこと、本補助事業により取得した蓄電池の一部が屋外に放置されるなど不適切に管理されていること等が確認されました。
 このため、本日、本補助事業の交付決定を取り消し、(株)JCサービスに対し、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和30年法律第179号)に基づき、補助金の返還命令を行いました。


1.本補助事業の概要

 (株)JCサービス(以下「本件事業者」という。)は、平成25年3月29日付けで「再生可能エネルギー導入のための蓄電池制御等モデル事業」(平成24年度補正事業。以下「補助事業」という。)の採択を受け、鹿児島県徳之島町において、太陽光発電システムに鉛蓄電池(50kWh×12台=600kWh)を増設する事業を実施しました(補助金交付額:296,969,000円)。

2.立入検査及び現地調査の結果

 環境省では、平成30年7月4日に本件事業者の東京事務所に立入検査、7月5日及び6日に鹿児島県徳之島町等において補助事業の実地調査を行い、以下の事実を確認しました。

 (1) 本件事業者が補助事業により取得した蓄電池は、事業終了後一度も稼働しておらず、利用されていない。

 (2) 本件事業者が補助事業により取得した蓄電池の一部が屋外に放置されるなど、不適切に管理されている。

 (3) 本件事業者は補助事業により取得した蓄電池の試運転を行ったとして、これに要した費用に係る補助金を得ていたが、実際には当該試運転は行われておらず、また、平成28年7月には当該試運転に係る業務の注文書自体が取り消されていた。

3.措置の概要

 環境省としては、2.に掲げた事実に基づき、本件事業者は補助金の交付条件に反し、補助金の目的に従って誠実に事業を行っていないものと判断いたしました。

 そのため、本日付けで補助事業の交付決定を取り消し、同社に対し、補助金交付額(296,969,000円)の返還命令を行いました。



NHKの報道は、加算金約1億3700万円の支払いも命じられているようです。(計433,969,000円)
環境省 3億円近い補助金の返還命令 再生可能エネ事業の会社に


各種蓄電池を調査するために購入したが使えなかった、という説も考えましたが、
試運転は行っていないのでこの説はないですね。

環境省は補助金およそ3億円の使い道を調べていて、蓄電池の購入や人件費などに2億円以上を使ったことが判明しているが、現時点で少なくとも600万円余りの使途が不明だという。


引用元:「JCサービス」に補助金の全額返還命令

調査が入るたびに使途不明資金を指摘されそうですね・・・。
補助金は経理報告書とかあるはずなので、今さら600万円も使途不明の資金、というのは少し疑問はありますが。
他の補助金事業は問題ないのか、気がかりです。
少なくとも、行政からの監視の目は厳しくなるでしょう。

【第4弾】メガソーラーローンファンド

所在:九州地方

◆保全
①Cが所有するDへの貸与設備一式の動産譲渡担保(担保評価額は約2億円です)。
②上記貸与設備のレンタル債権の譲渡担保



この辺との関係も気になるところです。
補助金で購入した蓄電池は使用していないので、この案件の蓄電池は関係ないとは思いますが・・・。

JCサービスから何らかの発表があると思いますが、
発表があった時点でまた記事を書きます。

【maneo】BM社とBY社の延滞についての続報(7/11)

5/2の続報以後、当ブログには載せていませんでしたので、
纏めて掲載します。

5/16の続報



投資家の皆様へ

いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2018年3月2日付でご報告いたしました延滞発生の融資案件につきまして、現在までの経過をご報告いたします。

2018年3月2日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=5551



1.経過

2018年5月2日付のご報告以降の進捗につきましては以下のとおりです。

引き続き、状況について経営者より確認を取っております。
既存店舗の業績について、5月前半は4月より売上は若干減少しております。
ゴールデンウィークで学生のお客が減ったことが大きな要因です。
また、今後気候が暖かくなるにつれて、売上は減少する傾向になるであろうとのことです。


2.今後の対応

今月も、後半に一定金額の回収ができるよう、引き続き、事業状況、資金調達状況の確認を行って参ります。
なお、回収済みの資金につきまして、早期に投資家様へ分配できるよう、現在準備を進めており、早ければ来月初旬に分配を行います。
改めて次回ご報告時に、時期と方法についてお伝えさせていただきます。


3.今後の状況報告

次回について、2週間後とさせていただき、5月30日を目途に、状況のご報告をさせていただきます。
ご理解いただきたくよろしくお願い申し上げます。



2018年5月16日
maneo株式会社(営業者)
maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)



5/30の続報



投資家の皆様へ

いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2018年3月2日付でご報告いたしました延滞発生の融資案件につきまして、現在までの経過をご報告いたします。

2018年3月2日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=5551



1.経過

2018年5月16日付のご報告以降の進捗につきましては以下のとおりです。

5月分の返済として、25日に50万円を回収いたしました。
引き続き、状況について経営者より確認を取っております。
既存5店舗のうち1店舗は、主力従業員の退職等により運営が難しくなり、採算が取れないことから、閉店することになりました。
残る4店舗については採算店であるものの、メニューの変更等で売上アップに向けたテコ入れをしている状況とのことです。


2.今後の対応

延滞発生時より現在までに150万円を回収しております。
この資金につきまして6月前半に投資家様へ分配を行う予定でございます。
詳細はmymaneoにて、6/1(金)(時間未定)より表示させていただく予定です。

分配金の充当順位ですが、①まず、2月分の未収利息に充当し、②残金は元本に充当いたします。
元本が全額回収できるまではmaneoの営業者報酬は未受領とし、投資家様の2月分利息にかかる源泉税はmaneoが立替えて負担します。
③元本が全額回収できた場合は、maneoは営業者報酬を受領、源泉税を精算します。
④さらに遅延損害金が回収できた場合は営業者報酬控除後、出資比率に応じて投資家様に分配いたします。

引き続き、さらに回収を行うべく、事業状況、資金調達状況の確認を行ってまいります。



3.今後の状況報告

次回について、2週間後とさせていただき、6月13日を目途に、状況のご報告をさせていただきます。
ご理解いただきたくよろしくお願い申し上げます。



2018年5月30日
maneo株式会社(営業者)
maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)



6/13の続報



投資家の皆様へ

いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2018年3月2日付でご報告いたしました延滞発生の融資案件につきまして、現在までの経過をご報告いたします。

2018年3月2日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=5551



1.経過

2018年5月30日付のご報告以降の進捗につきましては以下のとおりです。

まず、延滞発生時より5月末までに回収した150万円について、前回ご報告の通り、6月6日に投資家様へ分配させていただきました。
引き続き、状況について経営者より確認を取っております。
運営中の4店舗につきまして、売上は平年と変わらず推移しているということです。
ただし閉店に伴う資金の流出等もあり、資金繰りは相変わらず厳しい状況が続いているようです。


2.今後の対応

今月も後半に一定金額の返済を受けるべく、事業状況、資金調達状況の確認を行ってまいります。


3.今後の状況報告

次回について、2週間後とさせていただき、6月27日を目途に、状況のご報告をさせていただきます。
ご理解いただきたくよろしくお願い申し上げます。



投資家の皆様におかれましては、ご心配とご迷惑をお掛けいたしておりますが、
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒宜しくお願い申し上げます。



2018年6月13日
maneo株式会社(営業者)
maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)



6/27の続報



投資家の皆様へ

いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2018年3月2日付でご報告いたしました延滞発生の融資案件につきまして、現在までの経過をご報告いたします。

2018年3月2日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=5551



1.経過

2018年6月13日付のご報告以降の進捗につきましては以下のとおりです。

引き続き、状況について経営者より確認を取っております。
店舗の運営については、前回ご報告時から特に変化はございません。
今月の返済金額については、まだ経営者と交渉中でございまして、現時点で確定しておりません。
但し、一定金額の返済を受けることは確約しております。


2.今後の対応

早期に6月分の返済金額を確定させ、回収を図りたいと存じます。
7月も一定金額の返済を受けるべく、事業状況、資金調達状況の確認を行ってまいります。


3.今後の状況報告

次回について、2週間後とさせていただき、7月11日を目途に、状況のご報告をさせていただきます。
ご理解いただきたくよろしくお願い申し上げます。



投資家の皆様におかれましては、ご心配とご迷惑をお掛けいたしておりますが、
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒宜しくお願い申し上げます。



2018年6月27日
maneo株式会社(営業者)
maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)



7/11の続報



投資家の皆様へ

いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2018年3月2日付でご報告いたしました延滞発生の融資案件につきまして、現在までの経過をご報告いたします。

2018年3月2日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=5551



1.経過

2018年6月27日付のご報告以降の進捗につきましては以下のとおりです。

引き続き、状況について経営者より確認を取っております。
店舗の運営については、夏場ではございますが、大きな変化はないようです。
6月の返済金額につきまして、まだ交渉を継続しております。
3月~5月まで毎月50万円の返済を受けてまいりましたが、経営者からは店舗減少の影響もあり、もう少し減額してほしいとの依頼があります。
改めて運営状況や資金繰りを確認し、対応を図って参ります。



2.今後の対応

6月分の返済金額を近々に確定させ、回収を図ります。
先述のとおり運営状況、資金繰りを確認し、7月後半も一定金額の返済を受けられるよう、経営者とは話し合いを継続いたします。



3.今後の状況報告

次回について、2週間後とさせていただき、7月25日を目途に、状況のご報告をさせていただきます。
ご理解いただきたくよろしくお願い申し上げます。




投資家の皆様におかれましては、ご心配とご迷惑をお掛けいたしておりますが、
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒宜しくお願い申し上げます。



2018年7月11日
maneo株式会社(営業者)
maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)



感想



・元本が全額回収できるまではmaneoの営業者報酬は未受領
maneoのこの対応は非常に好意的ですね。
元本は少額ですが戻ってきています。

maneo20180711.png


・経営者からは店舗減少の影響もあり、もう少し減額してほしいとの依頼があります
(当然かもしれませんが)資金繰りはさらに悪化しているようです。
あまり期待しない方がいいかもしれません。

SBISLのリスクが露呈

SBIソーシャルレンディングのSBISLバイヤーズローンファンドで支払い遅延が発生しました。

一部の借手からの利息の支払がなされないことに伴う分配不能のお知らせ
 平素は、弊社をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

 弊社がお客様から出資をしていただいた資金を融資することで運用をしているファンドのうち、下記のファンドの一部の借手から、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされておりません。

  SBISLバイヤーズローンファンド16号
  SBISLバイヤーズローンファンド17号
  SBISLバイヤーズローンファンド18号
  SBISLバイヤーズローンファンド19号
  SBISLバイヤーズローンファンド20号
  SBISLバイヤーズローンファンド21号
  SBISLバイヤーズローンファンド22号
 上記のファンドでは、毎月8日から翌月7日までを分配金の計算期間とし、計算期間の終了日である7日までに利息の支払があった場合には、同月15日(同日が営業日でない場合にはその翌営業日)に分配することとなっていますが、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされていないことから、7月17日の分配日においては、一部の分配ができないこととなります。

 今回の利息の支払がなされなかったことに伴い、弊社は現在、貸付債権の一括回収をはかるべく、担保不動産の競売手続等を進めることを検討しております。担保不動産はすべて東京都内に所在しており、弊社が第一順位の抵当権を設定しております。どの程度回収ができるかは担保不動産の価値等によることになりますが、回収に向けて鋭意努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


引用元:SBISL:一部の借手からの利息の支払がなされないことに伴う分配不能のお知らせ

SBISLについては、SBIのネームバリューで人気はありますが、
過去の個人向けで散々な状況でしたので、
個人的には審査基準についてはあまり信頼していませんでした。

一方で、担保の評価はしっかりしている(何かあっても回収できる)だろうと期待はしています。

私が投資していた案件は、以下のような状況です。

 さて、弊社はお客様から、以下のファンド(以下、「対象ファンド」といいます。)に出資いただいた資金を貸付金として運用してまいりましたが、本日現在、一部の借手から、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされておりません。

 対象ファンドでは、毎月8日から翌月7日までを分配金の計算期間とし、計算期間の終了日である7日までに利息の支払があった場合には、同月15日(同日が営業日でない場合にはその翌営業日)にご登録いただいている口座に分配金を送金することとなっていますが、上記のとおり、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされていないことから、同月17日においては、現在、一部の分配をすることができない状態となっております。

 なお、お客様の対象ファンドと、今回利息の支払がなされていない貸付金に対応する出資金額は以下のとおりです(括弧内はお客様の対象ファンドに対する当初の出資額です)。

SBISL不動産バイヤーズローンファンド 17号  5,982円 (50,000円)


 今回の利息の支払がなされなかったことに伴い、弊社は、現在、貸付債権の一括回収をはかるべく、担保不動産の競売手続等を進めることを検討しております。担保不動産はすべて東京都内に所在しており、弊社が第一順位の抵当権を設定しております。しかしながら、どの程度回収ができるかは担保不動産の価値等によることになりますので、この点、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
本件に関してご不明点等ございましたら、お問い合わせいただきますようお願い申し上げます。



17号の担保説明は、以下のような記載がありました。

なお担保余力評価総額に対する、本ファンドからの融資割合は、74.71%です。

【内訳】
担保余力評価総額:7億8,300万円(※)
融資予定額:5億8,500万円

(5億8,500万円÷7億8,300万円=74.71%)


引用元:SBISL不動産バイヤーズローンファンド17号

少しマイナスな面を紹介しておくと、融資予定額総額での計算のため、
延滞が発生した事業者のLTVも同様に74.71%であるわけではありません。
下手すると90%以上になっている可能性もありますが・・・そこまで無茶なことはしていないことを祈ります。

第一順位の抵当権のため、仮にLTVが90%以上となっていても、
それなりには戻っくることが期待されます。
(17号は元本の9割近くは戻ってきているため、仮に何かあっても大きな痛手とはなりません。)

SBISLは担保評価通りに回収できるかがカギになります。
事業者の審査同様に甘い審査基準でないことを祈ります・・・。

先に述べたように、
残念ながら個人的にはSBISLの融資審査基準は信頼していないため、
延滞が発生したファンドで担保売却などにより、しっかりと全額回収できることを確認するまでは、
SBISLへの投資は控えます。
もし仮に元本毀損を生じることになった場合は、今後SBISLに投資することはないでしょう。
(事業者リスクは少ないものの、案件リスクが非常に高くなってしまいますので・・・)
しっかりと回収できれば、投資金額を上げたいですが、
今でも人気で投資できないことが多いのに、さらに人気となりそうで投資できない状態は続きそうです。

色々問題は起こってますが、maneoの方が案件の安全性は高いと考えていますので、
maneo、LCLending辺りがメインの事業者になるでしょうか。
メインの事業者にOwnersBookも加えたいのですが、人気でなかなか投資できないので、少し見送ってます・・・。

⇒ 続きを読む SBISLのリスクが露呈

maneoマーケットに行政処分を行うよう勧告

maneoマーケット株式会社に対する検査結果に基づく勧告について

1.勧告の内容

 証券取引等監視委員会がmaneoマーケット株式会社(東京都千代田区、法人番号5010401091384、代表取締役瀧本憲治(たきもと けんじ)、資本金3億851万8,500円、常勤役職員26名、第二種金融商品取引業)を検査した結果、下記のとおり、当該金融商品取引業者に係る問題が認められたので、本日、証券取引等監視委員会は、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、金融庁設置法第20条第1項の規定に基づき、行政処分を行うよう勧告した。

2.事実関係

 maneoマーケット株式会社(以下「当社」という。)は、当社ウェブサイトにおいて、多数の事業会社を営業者とするファンドの取得勧誘(以下「プラットフォーム事業」という。)を行っている。
 当社は、平成28年10月5日以降、プラットフォーム事業において株式会社グリーンインフラレンディング(以下「GIL社」という。)を営業者とするファンドの取得勧誘を行っており、同29年12月末における当該ファンドの出資者数は3,084名、貸付残高は約103億円となっている。
 今回検査において、当社の業務運営の状況を検証したところ、GIL社を営業者とするファンドにおいて、以下の問題が認められた。

(1)ファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示をした行為
 当社は、GIL 社を営業者とするファンドの取得勧誘において、ファンド毎に特定された太陽光発電所やバイオマス発電所等の再生可能エネルギー事業の開発資金等にファンド資金を支出する旨を表示しており、GIL社は調達した資金を主にGIL社の親会社である甲社の関係会社を経由して甲社に貸し付け、甲社が各種事業等に投融資を行っている。
 しかし、甲社においては、ファンドから貸し付けられた資金及び自己の固有の事業に係る資金について、区分管理することなく、ほぼ全ての資金を1つの口座で入出金している状態となっている。
 今回検査において、甲社が、入金されたファンド資金をウェブサイト上で表示した出資対象事業に支出しているか検証したところ、出資対象事業と異なる事業等へ支出している事例が多数認められた。
 当社は、この間において取得勧誘を行ったファンドのウェブサイト上の資金使途の表示と実際の資金使途が同一となっているかについて確認せず、事実と異なる表示のまま取得勧誘を継続している。この結果、当社は、ファンドの取得勧誘に関して、虚偽の表示を行っているものと認められる。

(2)当社の管理上の問題点

 上記(1)の状況が看過されてきた原因は、当社においては、法令上、虚偽表示等の禁止行為が規定されているにもかかわらず、ファンド資金の使途等の確認を甲社の関係会社に一任し、甲社における資金管理の実態や資金の使途を把握できる管理態勢を構築していないことによるものと認められる。

 当社の上記(1)の行為は、平成29年法律第37号による改正前の金融商品取引法第38条第8号に基づく金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第1項第2号に掲げる「金融商品取引契約の締結又はその勧誘に関して、虚偽の表示を(略)する行為」に該当するものと認められる。
 また、当社の上記(2)の状況は、金融商品取引法第51条に規定する「業務の運営に関し、公益又は投資者保護のため必要かつ適当であると認めるとき」に該当するものと認められる。



証券取引等監視委員会からmaneoマーケットの行政処分を行うよう勧告が出ました。

GIL 社の資金使途を確認しないで募集したことで、
1. 虚偽の表示をした行為
2. 管理上の問題
が問題として挙げられています。
maneoマーケットに関しては当然の指摘に留まっており、
個人的にはそうだよね、程度で衝撃は受けませんでした。
但し、「虚偽の表示をした行為」とあるので、maneoマーケットの責任も大きいと感じる内容です。

一方で、証券取引等監視委員会では
GIL社やJCサービスの経営状態までは調査できなかった(権限がなかった)
ということも表れています。
(自転車操業の疑いがないわけではなく、調査できなかった、ということだと思います)

JCサービスに聞けば、資産はあると答えるのは明白でしょうし、
maneoマーケットに聞けば調査中で教えてもらえない。
一先ずは事の成り行きを見守ることしかできないのが残念な所です。

他の金融商品であれば、雲行きが怪しいと感じたら
他の業者から資金を引き上げられるのですが、
ソーシャルレンディングでは償還を待つしかないため、
ここにきて流動性のリスクを大きく感じています。

色々と問題が続くソーシャルレンディング業界ですが、
何とか立ち直ってほしいものです。

グリーンインフラレンディングで返済遅延発生?

グリーンインフラレンディングのサイトに、
一時的に償還及び分配の実施留保のお知らせが掲載されました。
(お知らせから一旦削除されましたが、再度掲載されています)

内容は以下の通りです。

投資家各位

2018 年 7 月 5 日
maneoマーケット株式会社

償還及び分配の実施留保のお知らせ

表題の件につきまして下記の通りお知らせ致します。


2018 年 6 月 29 日付の「ファンドの募集停止等のお知らせ」においてお伝えいたしましたとおり、
「グリーンインフラレンディング」におけるファンド(以下「本件ファンド」といいます。)については、
投資家の皆様にご説明申し上げていた事業とは異なる事業等に一部資金が使用されたものと評価せざるを得ないとの判断に至っております。
弊社は、鋭意グリーンインフラレンディング社及び最終貸付先企業に対応の要請を行っているところです。
7 月 11 日に分配を予定しております元金及び利息につきましては、グリーンインフラレンディング社に資金到達しているものの、
返済原資に確認を要する事項があることから、
当面の間、本件ファンドの投資家の皆様に対するグリーンインフラレンディング社からの償還及び分配の実施をやむを得ず留保させていただきたくご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
対象となるファンドにご投資頂きました投資家の皆様につきましては、別途ご報告をさせて頂きます。
投資家の皆様をはじめ、関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛け致しておりますこと、心よりお詫び申し上げます。

以上



要約すると、
グリーンインフラレンディングに元金と利息は届いてるけど、
返済原資の確認が必要なため、投資家への償還と分配は留保する。
ということです。

元金と利息あるなら、早く分配してくれよ・・・と思ってしまいますね。

恐らく、返済原資が不明な状態では、
今後の案件の償還・分配ができなくなる可能性があり、
償還できなくなる可能性がある状態では、
特定のファンドのみ償還することはできず、
他のファンドも含めて均等に償還するなどの対応が必要になってくるのかと思います。
maneoマーケットには、何で償還できないのか、詳しく説明して欲しいですね。

これだけ時間がかかっても詳細が分からず、
償還もストップさせる事態になっていますので、
・事業は上手くいっていて、(延長はあったとしても)償還できる可能性はある
という希望は捨てた方がいいのかもしれません。

正直、グリーンインフラレンディングで大幅な元本の毀損が起こると痛すぎます。

最近はソーシャルレンディングの収入をあてにして、
その他の収入を上げることへの執着心が欠けてしまっていましたので、
これを機に色々と改めなければならないのかもしれません。
幸い、私はまだ30代のため、今後の人生で取り戻すことは可能です。

元本の毀損が起これば落ち込まないわけにはいきませんが、
将来を見据えた行動(生活)に移る必要がありそうです。