FC2ブログ

全体的に投資を控える - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » スポンサー広告 » 総合 » 全体的に投資を控える
-->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

全体的に投資を控える

ソーシャルレンディングで問題が相次ぎ、
株式市場も下落相場入りした可能性があり、
個人的には新規に投資できるものがなくなっています。
(といいつつ、ソーシャルレンディングで少しだけ再投資していますが)

株に関してはある程度売却を進めてましたが、200万円程度は保有したままです。
上昇の期待も僅かにあったため、
全て売却するには至らず、反省しています。
この200万円は、リーマンショック並であれば半値~1/4程度まで減る可能性はありますが、
(運が悪ければ倒産で0相当)
全て売却すると全く株価を見なくなってしまうため、勉強代の意味で残しておきます。

リーマンショック並の下落相場が訪れた場合、
ソーシャルレンディングにも影響するのか?という疑問がありましたが、
maneoのC社案件の延滞を見て、
確実にソーシャルレンディングに影響する
と考えを見直しました。
※だからソーシャルレンディングには投資しない、というわけではありません。この辺はまた後日時間があれば書きます。

maneoのC社案件の延滞は、
不動産会社の不祥事の問題はありますが、
株価下落の前に生じており、
その中でさえ売却できない状況でしたので、
最近の株価下落の影響で尚更不動産市況は冷え込んでいると考えられます。
少なくともmaneoの案件に関しては、
当初の担保評価額より大きく目減りしている可能性が非常に高いです。
(C社の延滞案件は市況の悪化以前の問題だと思いますが)

私がソーシャルレンディングに投資を始めたのは、
株式市場が冷え込んでいる2010年です。
今も冷え込んでいるんだから同じでは?と考えた方もいるかもしれませんが、
リーマンショックが2008年9月で、2010年には大底を行ったり来たりしてました。
もうこれ以上下がらないほど景気が悪化していた、
逆に考えると、黒字経営の企業であれば倒産の可能性が非常に低い、という状況でした。
そんな中で、黒字企業の親会社の保証が付いたローンがmaneoで募集され、
これならいけるだろう、と考えて投資を始めました。

一方で最近の状況は、直近まで絶好調だった不動産担保のローンが多数を占めており、
今後市況が下落傾向に変わった場合、
売却が進まない案件が増えてくるのでは?
と心配しています。

高値からの下落というのは、絶望するほど終わりが見えません。
(私がリーマンショックの際にメインで購入していた株は買値の1/10程度まで下がったこともありました)
市況が悪化する中で、担保価値も下がるであろう不動産担保ローンは、
リスクが高まってしまったと考えた方がよいのではないでしょうか。

では何に投資したらよいか?
正直、私には分からなくなってますので、誰かアドバイス下さい(ぇ
11月までは、当選は難しいけどIPOなら問題ない(初値予想が公募割れの一部銘柄は除く)、と考えてましたが、
12月のソフトバンクをはじめとするIPO市況の崩壊を見て、
IPOについても安泰とは言えなくなってしまいました・・・。

今のところ、少額でドル円の円買いは行いましたが、
キャッシュポジションの確保がメインになっています。
(リーマンショックの際、金ETFの投資を行ってみましたが、円高の影響でそんなに儲からなかったです・・・)
少しずつでも資産を増やせるといいのですが・・・今は休むも相場、でしょうか。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/385-89d33104

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。