FC2ブログ

【グリーンインフラレンディング】回収に向けて売却以外の動きがあるのか? - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » グリーンインフラレンディング » 【グリーンインフラレンディング】回収に向けて売却以外の動きがあるのか?
-->

【グリーンインフラレンディング】回収に向けて売却以外の動きがあるのか?

グリーンインフラレンディングについて、
過去にも取り上げましたが、
【第3弾】100億円突破記念ローンファンド
は連帯保証付きの案件です。

参考:【第3弾】100億円突破記念ローンファンド(第1次募集)

連帯保証付きであれば、設備の売却に関わらず、
連帯保証人に請求を行って返済してもらうことが可能だと思いますので、
(また、そうあるべきはずですので)
maneoマーケットに何度か問い合わせを行っておりました。(まともな回答は頂けていませんが・・・)

その際の回答内容について気になる文章がありましたので紹介します。

Q. 【第3弾】100億円突破記念ローンファンド」について、延滞が発生したため、連帯保証人NAに請求を行っていると思いますが、
状況を説明お願いします。
案件の売却とは異なり、回収状況の説明をすることは可能ではないでしょうか?


A.ご満足のいく回答ができておらず大変申し訳ございません。
本件につきましては、回収に向けて、主債務者が資金調達に動いており
状況の進展はございますが、お伝え可能となる事項につきましては、
今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。



資金調達に動いている、ということは、売却以外の方法でも資金調達の可能性があるということでしょうか?
また、状況の進展はあるようなので、少し期待はできるのでしょうか?

一方で、メールの最後には以下のような説明もありました。

グリーンインフラレンディング社及び最終貸付事業者には再三にわたり情報の開示を請求致しております。
最終貸付事業者の売却交渉過程、返済計画につきましても再三にわたり開示請求を致しております。
上記と重複する回答になり大変恐縮ではございますが、
公表すべき事実がございましたら、速やかに公表をさせて頂きます。



実際の状況は分かりませんが、
上記の文章だけ読むと、
maneoマーケットからGILやJCサービスに情報開示を請求しているが、
回答を得られていない、というようにも読み取れてしまいます。
(請求している、という事実だけ投資家に回答可能なので上記の文章になっているのかもしれませんが)

前者の内容では少し期待できそうですが、
後者の内容ではmaneoマーケットとJCサービスの連携に問題がありそうな説明となっており、
不安な内容となっています。


本来のメールの主旨であった連帯保証についての回答はなかったため、
連帯保証人に対して請求は行っていないものと思います。
売却の見込みがあるから請求していないのかもしれませんが、
案件に連帯保証と記載がある限り、
延滞が確定した時点で(期失となった時点で)、
連帯保証人への請求も行うのが筋ではないでしょうか。

※尚、残念ながら?連帯保証人付きの案件への私の投資額はあまり高くありませんので、この案件だけ回収できてもあまり喜べません・・・。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/383-0ddfed3d