FC2ブログ

SBISLのリスクが露呈 - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » SBISLS » SBISLのリスクが露呈
-->

SBISLのリスクが露呈

SBIソーシャルレンディングのSBISLバイヤーズローンファンドで支払い遅延が発生しました。

一部の借手からの利息の支払がなされないことに伴う分配不能のお知らせ
 平素は、弊社をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

 弊社がお客様から出資をしていただいた資金を融資することで運用をしているファンドのうち、下記のファンドの一部の借手から、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされておりません。

  SBISLバイヤーズローンファンド16号
  SBISLバイヤーズローンファンド17号
  SBISLバイヤーズローンファンド18号
  SBISLバイヤーズローンファンド19号
  SBISLバイヤーズローンファンド20号
  SBISLバイヤーズローンファンド21号
  SBISLバイヤーズローンファンド22号
 上記のファンドでは、毎月8日から翌月7日までを分配金の計算期間とし、計算期間の終了日である7日までに利息の支払があった場合には、同月15日(同日が営業日でない場合にはその翌営業日)に分配することとなっていますが、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされていないことから、7月17日の分配日においては、一部の分配ができないこととなります。

 今回の利息の支払がなされなかったことに伴い、弊社は現在、貸付債権の一括回収をはかるべく、担保不動産の競売手続等を進めることを検討しております。担保不動産はすべて東京都内に所在しており、弊社が第一順位の抵当権を設定しております。どの程度回収ができるかは担保不動産の価値等によることになりますが、回収に向けて鋭意努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


引用元:SBISL:一部の借手からの利息の支払がなされないことに伴う分配不能のお知らせ

SBISLについては、SBIのネームバリューで人気はありますが、
過去の個人向けで散々な状況でしたので、
個人的には審査基準についてはあまり信頼していませんでした。

一方で、担保の評価はしっかりしている(何かあっても回収できる)だろうと期待はしています。

私が投資していた案件は、以下のような状況です。

 さて、弊社はお客様から、以下のファンド(以下、「対象ファンド」といいます。)に出資いただいた資金を貸付金として運用してまいりましたが、本日現在、一部の借手から、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされておりません。

 対象ファンドでは、毎月8日から翌月7日までを分配金の計算期間とし、計算期間の終了日である7日までに利息の支払があった場合には、同月15日(同日が営業日でない場合にはその翌営業日)にご登録いただいている口座に分配金を送金することとなっていますが、上記のとおり、2018年7月2日を期日とする利息の支払がなされていないことから、同月17日においては、現在、一部の分配をすることができない状態となっております。

 なお、お客様の対象ファンドと、今回利息の支払がなされていない貸付金に対応する出資金額は以下のとおりです(括弧内はお客様の対象ファンドに対する当初の出資額です)。

SBISL不動産バイヤーズローンファンド 17号  5,982円 (50,000円)


 今回の利息の支払がなされなかったことに伴い、弊社は、現在、貸付債権の一括回収をはかるべく、担保不動産の競売手続等を進めることを検討しております。担保不動産はすべて東京都内に所在しており、弊社が第一順位の抵当権を設定しております。しかしながら、どの程度回収ができるかは担保不動産の価値等によることになりますので、この点、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
本件に関してご不明点等ございましたら、お問い合わせいただきますようお願い申し上げます。



17号の担保説明は、以下のような記載がありました。

なお担保余力評価総額に対する、本ファンドからの融資割合は、74.71%です。

【内訳】
担保余力評価総額:7億8,300万円(※)
融資予定額:5億8,500万円

(5億8,500万円÷7億8,300万円=74.71%)


引用元:SBISL不動産バイヤーズローンファンド17号

少しマイナスな面を紹介しておくと、融資予定額総額での計算のため、
延滞が発生した事業者のLTVも同様に74.71%であるわけではありません。
下手すると90%以上になっている可能性もありますが・・・そこまで無茶なことはしていないことを祈ります。

第一順位の抵当権のため、仮にLTVが90%以上となっていても、
それなりには戻っくることが期待されます。
(17号は元本の9割近くは戻ってきているため、仮に何かあっても大きな痛手とはなりません。)

SBISLは担保評価通りに回収できるかがカギになります。
事業者の審査同様に甘い審査基準でないことを祈ります・・・。

先に述べたように、
残念ながら個人的にはSBISLの融資審査基準は信頼していないため、
延滞が発生したファンドで担保売却などにより、しっかりと全額回収できることを確認するまでは、
SBISLへの投資は控えます。
もし仮に元本毀損を生じることになった場合は、今後SBISLに投資することはないでしょう。
(事業者リスクは少ないものの、案件リスクが非常に高くなってしまいますので・・・)
しっかりと回収できれば、投資金額を上げたいですが、
今でも人気で投資できないことが多いのに、さらに人気となりそうで投資できない状態は続きそうです。

色々問題は起こってますが、maneoの方が案件の安全性は高いと考えていますので、
maneo、LCLending辺りがメインの事業者になるでしょうか。
メインの事業者にOwnersBookも加えたいのですが、人気でなかなか投資できないので、少し見送ってます・・・。

スポンサーリンク

参考までに、SBISLの個人向け融資の状況。

SBISL_fund.png

延滞とデフォルトで貸付額の14%に到達しています。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/370-99e22c41