FC2ブログ

maneoとJCサービスの仲違いについて - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » グリーンインフラレンディング » maneoとJCサービスの仲違いについて
-->

maneoとJCサービスの仲違いについて

maneoとJCサービスの仲違いについて

maneoマーケットのグリーンインフラレンディングのファンド募集停止を受けてポートフォリオ見直しでは、
に掲載したように、6/29にmaneoマーケットからグリーンインフラレンディング(以下、GI)のファンド募集停止が発表されました。

この発表を受けて、7/1にJCサービスから反論がありました。

2018年7月1日
お客さま各位

株式会社JCサービス
グリーンインフラレンディングについて

弊社の子会社である株式会社グリーンインフラレンディングによるファンド募集につきまして、
以下の通りお知らせ致します。

株式会社グリーンインフラレンディングは、maneoマーケット株式会社より、
募集中のファンドにおける「開発資金」として募集された資金が最終貸付先企業における募集対象案件に対して
募集に先行して自己資金により支出を済ませた資金に充当されており、
このままファンドの募集を継続することが適切でないとの指導を受けましたので、かかる指導に基づき、
対象ファンドに関しては募集を停止するとともに、
他のファンドについても資金の使途に関する同社の確認が完了するまでの間、新規の募集を一時見合わせることとさせて頂いていました。
株式会社グリーンインフラレンディングは、「開発資金」とは、案件開発に係る開発着手から開発完了に至る一切の資金を指し、
対象ファンドにおける対象事業に対する支出済みの資金を含めて案件開発のための全ての資金との認識
の下、
ファンド募集の際の内容の表示に「開発資金」との文言を用いて参りましたが、
今回のmaneoマーケット株式会社からのご指導を踏まえ、今後適切な対応を行っていきたく考えていたところです。
このような状況の中、株式会社グリーンインフラレンディングの HP において、
6月29日、maneoマーケット株式会社により、株式会社グリーンインフラレンディング及び弊社に対して事前の説明等もなく、
一方的に、「ファンド募集停止等のお知らせ」を掲載
し、「投資家の皆様にご説明申し上げていた使途とは異なる使途に一部資金が使用されたものと評価せざるを得ない」とし、「今後のファンドの募集」を停止するとの「お知らせ」が掲載されました。
株式会社グリーンインフラレンディング及び弊社としては、
maneoマーケット株式会社に対しまして「資金の使途に関する同社の確認」のための作業に協力してまいりましたが、
同社が事実関係の十分な精査確認もないまま、一方的に、自社の見解をもとにこのような対応をされたことは大変遺憾であります。
また、一部報道において、ファンドで募集した資金の一部が投資家への事前の説明と異なり
融資先の企業から弊社の関係会社または関係者に渡ったかのような記載がありますが、そのような事実はありません。
ファンドに応募して頂きました投資家の皆様に対しましてはご迷惑をお掛けすることのないように致します。
皆様には多大なるご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます。何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

以 上



引用元:グリーンインフラレンディングについて
※気になる文章は赤字にしています。


「開発資金」とは、案件開発に係る開発着手から開発完了に至る一切の資金を指し、
対象ファンドにおける対象事業に対する支出済みの資金を含めて案件開発のための全ての資金との認識



これは分別管理が適切に行われていないことを表していますが、
この点は(JCサービスでは)今後は適切に対応していく、と発表してます。

支出済みの資金も集めたら、
当然その分は集めた時点では余ってしまいますので、他に流用しますよね。

株式会社グリーンインフラレンディング及び弊社に対して事前の説明等もなく、
一方的に、「ファンド募集停止等のお知らせ」を掲載
(中略)
事実関係の十分な精査確認もないまま、一方的に、自社の見解をもとにこのような対応をされたことは大変遺憾であります。



6/29のmaneoマーケットの発表は、
GIの親会社であるJCサービスとも合意の上で発表した物だと、と考えていましたが、
maneoマーケットの独断での発表だったようです。

maneoマーケットとしては、
報道でmaneoの名が出てしまっており、
このまま対応が遅れれば、さらにmaneoの看板に傷がつくため、
早急にGIを切ったのかもしれません。

また、maneoマーケットの業務停止命令などが出た場合、
maneoマーケットでの募集がしばらくできなくなるため、
他のmaneoファミリーに影響が出ることを危惧したのかもしれません。
(但し、これはGIを早めに切ったところで関係ないと思いますが)

JCサービスからは、

ファンドに応募して頂きました投資家の皆様に対しましてはご迷惑をお掛けすることのないように致します。


という発表がありますので、
一先ず直近の分配・返済は問題が生じない物と思います。
しかし、みんなのクレジットやラッキーバンクの件もあるため、
どこまで続けられるかは不透明です。
前例を作ってしまったので、
新規の募集ができなくなったので返済できなくなった、という説明で片付いてしまいますね。

感想


今回のJCサービスの発表を受けて、
maneoマーケットの監査に対する不安だけでなく、
問題の対応能力についても不安を抱く結果となってしまいました。
GIの投資家のことを考えずに募集停止のみ発表したことで、
少し不信感を持っていたのですが、この発表で不信感が増してしまいました。
不信感が増したところで、
ソーシャルレンディングへの投資でmaneoを外すことはできないため(GIに対する対応とはまた別で、実績がありますからね)、
maneoの案件には今後も投資することになりますが、
問題の対応方法については、投資家のことも考えながら、
もう少し慎重(・かつ迅速)に事を進めていただきたいです。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/366-a6465a8c