【クラウドクレジット】契約期間の延長について気になること - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » クラウドクレジット » 【クラウドクレジット】契約期間の延長について気になること
-->

【クラウドクレジット】契約期間の延長について気になること

グリーンインフラレンディングで騒動になっていますが、
クラウドクレジットで気になる点があるため記事にします。
(ソーシャルレンディングへの批判的な内容ばかりになってますね・・・)

クラウドクレジットで以下の案件で延長となりました。
【為替ヘッジあり】北欧個人向けローンファンド・北欧個人向けローンファンド
【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト8号
【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト2号

上記2件は契約延長の合意を求められています。

元本が毀損するにしても、
今年はみんクレの損失があるため、
合意して来年以降に引き延ばした方が(私的には)来年以降の雑所得と相殺できるのでいいのですが、
気になることが。

それは、返済が滞っている、という事実はあるものの、
現況どうなっているのか、今後の計画はどうなるのか、
など、当然説明すべき内容がないことです。

カメルーンについては、問い合わせから1ヵ月かかっても返答がありません。
(問い合わせから1~2週間後くらいに、
 本人以外の情報が閲覧できた件と合わせて電話でお詫びを頂いており、回答が遅くなっている、という回答はありました)
クラウドクレジットとしては対応はしているものの、オバンバ社から回答がもらえてないのだとは思いますが、
だとすると、ここまで回答を放置されるような関係でしかなかったのか?と不安を覚えます。
(オバンバ社自体が投資家の資金を他に流用したりしていないのかも不安になります)

延長合意は今日になって思い出して問い合わせたため、
(合意の期限はありませんでしたが、内容を読むと6月末迄合意が必要というような記載があります)
返答がなくても合意することになるとは思いますが、
何だかしっくり来ません。

[追記] 6/28に問い合わせた結果、以前の問い合わせに対する返答がありました。(6/28)

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

No title

クラウドクレジットは、メールの一部がカッコよく英語で来たり、社長がテレビで社会貢献企業をアピールしたり、社員もエリート揃いとかで人気ですが、
かなり皆、本当のクラクレのリスクと姿を見誤っている様な気がします。
クラクレの真実を伝える記事は貴重なので有難うございます。

2018-06-28 18:24 │ from カネオURL

サムさん

こんにちわ

クラクレの延滞案件は、
反対しても延ばされます。
カメルーン1号は、一年半以上
延ばされてます。
要はデフォルトの事実を作りたく
ないのでしょうね❗

わたしは、クラクレから撤退しましたが、残金があたかも有るように
残ってます。
2%の案件なんか、社会貢献と言ってますが、彼らのぼったくり案件ですね❗

撤退した方がいいと思いますよ。
今から円高に行きますので。

2018-06-28 19:18 │ from あっちゃんURL Edit

> カネオさん
人が絡む話は、必ずしもエリートだから上手くいく、とは限りませんね。
机上の計算では利益になるような仕組みを作ってくれてはいますが、
実際に運用した時は少し変わってしまいます。
批判的な記事が多くなっていますが、
改善を望む意味で記事を書いているため、基本的にはクラウドクレジットを応援しています。
他の業者だけになると不動産案件に偏ってしまいますし・・・。

> あっちゃんさん
延長については、反対した場合は
1. その時点で損失確定
2. 分配は賛成した方同様に行われる(元本含めて利益となる。源泉徴収は分配金のみ?)
というような解釈でした。

デフォルトの事実を作りたくない、ということもあるのかもしれませんが、
その時点でデフォルトにするよりは、
延長した方が少しでも回収できる可能性はあるため、
投資家のために延長は必要です。
一方で、どの程度の割合で延長が発生しているのかは新規の投資家には伝わっていないと思いますので、
それも公開した上で募集をかけるべきだとは思います。
(償還時のリターン予想はありますが、それだけだと分かりません)

2018-06-29 09:28 │ from サムURL

No title

はじめまして。

> クラウドクレジットとしては対応はしているものの、オバンバ社から回答がもらえてないのだとは思いますが、
> だとすると、ここまで回答を放置されるような関係でしかなかったのか?と不安を覚えます。

私もそう感じています。
例えば、欧州3か国などは貸付先の問題というより現地パートナーがずさんな与信管理をおこなったのが問題と思いますし、そういった現地パートナーをクラウドクレジットが選んでいると解釈しています。

今の状態ですと、クラウドクレジットは総合的に見てリターンに対して明らかにリスクが高すぎるように思います。
改善を期待したいですね。

2018-06-29 12:24 │ from はるURL Edit

>はるさん

はじめまして。
そうですね、現地パートナー(とその選出)の問題が大きいです。
新規開拓している地域のパートナーはしっかりしていることを望みたいです。

2018-07-01 11:22 │ from サムURL

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/364-c68a0926