FC2ブログ

【グリーンインフラレンディング】ファンドの一部募集停止のお知らせについて - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » グリーンインフラレンディング » 【グリーンインフラレンディング】ファンドの一部募集停止のお知らせについて
-->

【グリーンインフラレンディング】ファンドの一部募集停止のお知らせについて

グリーンインフラレンディングから、
6/11にファンドの一部募集停止のお知らせ
が発表されました。

状況もはっきりしないので、
6/19の発表を待ちました。

6/19:ファンドの一部募集停止のお知らせ(続報)

1)対象ファンド名
① 【第15弾】バイオマス発電ローンファンド
第1次募集~第28次募集(募集総額 5億円)の内、第26次募集~第28次募
集分を停止しております。

② 【第21弾】メガソーラーローンファンド
第1次募集~第25次募集(募集総額 5億円)の内、第18次募集~第25次募
集分を停止しております。
2)募集停止の理由
対象ファンドに関し、現在、資金の使用の一部について確認を実施しております。
3)今後のファンド募集予定
対象ファンドに関しては引き続き募集を停止と致しております。また新規募集ファンド
につきましては、募集を保留と致します。
上記2)の確認完了後、募集再開の可否について判断する予定です。



1週間経って、資金の使用の一部を確認中のコメント。
内容は薄いのですが、
問題がなければ調査はすぐ終わるはずですので、
何か怪しい資金の流れは実際にあった、と想像してしまいますね。
「一部」と記載があるので、自転車操業ほどではないと思いますが。
大参事にはならないけど、今後の募集に影響が及ぶ事態にはなりそうです。
(募集再開できるようになった場合は、挽回?のためにmaneoでも募集するとは思いますが)

maneoの監査が効いていると考えるのか、
監査が効いていなかったから今問題が生じていると考えるのか・・・。

今年のソーシャルレンディング業界は悪材料がどんどん出てきますね。
ある意味でバブルが弾けたようなものだと思いますが、
ソーシャルレンディング自体はなくならないと思いますし、
個人的にも継続していきたいので、
投資家にとってより良い方向へと改善しながら普及させていって欲しいです。


一方、好材料としては、
日本経済新聞からソーシャルレンディングの融資先の企業名などが開示できるようになるといったニュースも発表されました。

金融庁はインターネットで集める個人資金を企業に融資する仕組みで、借り手企業の名称などを開示できるようにする。これまでは借り手企業の情報が伏せられており、個人が安心して投資できないうえに、匿名での調達に目を付けた企業に悪用されることがあった。ネットを使う資金調達の流れが透明になれば、ベンチャー企業の育成に役立ちそうだ。


参考:貸付型クラウドファンディング、投資家に融資先開示

みんなのクレジット(スカイキャピタル)のように、匿名化を悪用した例もありますので、
早く匿名化を廃止して欲しい所です。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/362-80357d26