【クラウドクレジット】ロシアルーブル案件は分配と為替差益の両取りはできたのか? - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » クラウドクレジット » 【クラウドクレジット】ロシアルーブル案件は分配と為替差益の両取りはできたのか?
-->

【クラウドクレジット】ロシアルーブル案件は分配と為替差益の両取りはできたのか?

クラウドクレジットで投資してみた
【ロシアルーブル建て】マイクロローン事業者ファンド4号
が予定通り償還となりました。

トランプ氏が大統領になり、ロシアルーブル高を期待して投資してみましたが、
結果は・・・。

運用目標達成率:100.0%
募集時期待利回り:13.5%
ファンドの実現利回り:7.8%

ファンドの運用は上手くいきましたが、
為替が円高になったことで、期待利回りよりは低下してしまいました。

ルーブル高になるという読みは外してしまいましたが、
直近さらに円高が進んでいたため、まずまずの利回りで返ってきたので一安心です。
(ちなみに、1号は円安に進んで利回り37.9%という超高利回りになりました)

リスクが高いので、2万円だけの投資でした。

ccredit20180414.png

クラウドクレジットはガイアの夜明け放送以後、投資家が増えて投資資金を順調に集めているようです。
為替ヘッジなしの案件は、為替リスクがあるため、円高になると利回りが低下(元本割れ)する可能性もありますが、
円安になると大きな利回りとなる可能性もあります。

何度か書いてるかもしれませんが、
私は円安ヘッジに使いたいのですが、運用終了の度に円に換えられてしまうため、
為替手数料がかかったり、償還時に円高になったりする可能性もあるため、
円安ヘッジとして使うのは少し使いづらい印象です。
(継続的に投資していればある程度円安ヘッジになるのだと思いますが)
外貨のまま運用できるようになれば、もう少し利便性は向上するのになぁ、と思ってます。


カメルーン案件


為替ヘッジあり カメルーン8,9,10号からも分配がありました。

こちらは期間延長しており、まだ延長後の満期ではないため、
現時点でどうこういう話ではないと思いますが、
8号案件のC社からの回収方法が、C社の別事業から回収して2月期以降に分配していく、という説明でしたが、
参考:【クラウドクレジット】カメルーン案件の詳細聞いてみました
今回は担保を売却した分を返済したようですので、
聞いていた内容とは異なったため、やや不安が残る分配となりました。

来月以降、延長していた案件の延長後の満期が訪れますが、
担保が機能して上手く返済されるのか、
また延長になるのか(またはデフォルトになるのか)
注意していきたいと思います。

為替ヘッジ案件は期間延長になると為替ヘッジが外れるため、
為替リスクが嫌いな私は、あまり積極的には運用できなくなりました。
(前述したように、外貨で運用できれば円安ヘッジで少しずつ積み立てたいです・・・)
一時期はクラウドクレジットの運用比率を高めていましたが、
最近は徐々に減らしています。
応援はしたいので、少しは運用を続けようと思いますが、
これまでほどの大きな金額は運用しない方針に変えています。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

No title

クラクレへの質問記事とても参考になります。有難うございます。
しかし、分散投資先が、ことごとく支払いに問題あるのは、オバンバの貸し付け先判断能力にそもそも問題ありですね。C社の話も完全に先の解答のスケジュールと話が違いますし、クラクレもオバンバの話に矛盾を感じているはずなのに、そこの疑問を投資家に説明しないのは信頼が揺らぎます。それどころか、オバンバの営業セミナー活動を積極的にサポートしたりと、顧客への安全配慮をどう考えているのかよく分からない企業に思えてきました。発展途上国ウンヌンの前に、投資サイドへの安心感を与えるのが先だと思います。勝手な想像ですが、赤字続きで、顧客拡大と資本提携獲得で、経営者が、なり振り構わなくなってる感じがするのですが・・・

2018-04-18 23:15 │ from カネオURL

カネオさん

コメントありがとうございます。
カメルーン案件は7割(25件中18件)は何らかの問題が発生しているため、
発展途上国とはいえ、オバンバ社の能力に問題がありますね。

最初に延長した際、しっかりと説明したことに好感を持てましたが、
その後の経過も説明が必要ですね。
現状だと、延長期間中に分配があった貸付先しか説明がありませんが、
当初の回収計画通りに進んでいない貸付先も状況・対策の説明が必要ですね。

社会貢献を掲げているのは、
投資家に利益を与えられなかったときの甘えに感じてしまいます。

現状では、
「お客様全体の損益分布図」で
https://crowdcredit.jp/operation/entry/202/24
投資家全体で平均的に利回り8.1%の収益となっているため、
分散投資すれば平均値に落ち着く、という考えのもと、
あまり危機意識を持っていないのかと思います。
(この平均値は、延長中のファンドや元本だけ返済されているファンドを含めて算出しているのか怪しい気はしますが・・・)

2018-04-20 10:47 │ from サムURL

No title

返信ありがとう御座います。
カメルーン8に投資してるので、クラクレのクールな中途半端さが、特に気になるのですが、これも参考になる記事が出ました。よくエクセルまとめてくれてますが、
内実が酷いですね。 トラック担保の件もおかしいとクラクレにツッコミたいです。


http://scbakki.wixsite.com/sociallendingwin/single-post/2018/04/17/カメルーン中小企業プロジェクトまとめてみた!担保のトラックを売却!査定額のわずか16%・・・!

2018-04-20 21:06 │ from カネオURL

カネオさん

投資してなかったファンドについては中身を詳しく読んでなかったのですが、
その記事を読んで気になりましたので、
担保試算額に差が生じた理由など、
他案件の担保状況も合わせてクラウドクレジットに問い合わせ中です。
(問い合わせ対応などはしっかりしているのは救いです)

大型トラックなら日本では中古でも1台1,000万円超は十分あり得ると思いますが、
カメルーンの物価では高いような印象はあります。

2018-04-24 10:41 │ from サムURL

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/355-1f19e226