FC2ブログ

TOHからみんなのクレジットの投資損失相当額を支給?やや懐疑的 - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » みんなのクレジット » TOHからみんなのクレジットの投資損失相当額を支給?やや懐疑的
-->

TOHからみんなのクレジットの投資損失相当額を支給?やや懐疑的

みんなのクレジットの貸付先である(株)テイクオーバーホールディングスグループ(旧ブルーウォールジャパン)のサイトに、
投資損失相当額を支給するというお知らせが掲載されました。

株式会社みんなのクレジット投資家の皆様へ
2018年03月14日

拝啓 春暖の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、(株)テイクオーバーホールディングスグループ(以下、T社グループ)は昨年の夏以降、(株)みんなのクレジット社(以下、「みんクレ社」)との間で全額分割払い弁済による調停和解を目指して協議して参りましたが不調に終わり、先日T社グループ向け債権が第三者に売却されました。
かかる行為は、T社グループが目指した投資家への全額分割プランとは真逆な結論であり、大変遺憾であります。

しかしながら、T社グループがみんクレ社から融資を受けていたことは事実であり、またその融資金の原資はみんクレ社の投資家の方々からの資金であることから、結果として間接的にご迷惑をおかけすることとなった投資家の皆様に対し、T社株主及びスポンサーで協議した結果、T社株主及びスポンサー主導でSPC(特別目的会社)を設立し、全投資家に対して「調整お見舞金」として、投資損失相当額を支給させて頂くことと致しました。

つきましては、皆様へ送金するための入力フォームを3月26日(月)に開設いたします(氏名、住所、会員番号、損失金額、等)。
フォーム開設後、必要情報をご入力頂き、弊社からの連絡をお待ち頂ければ、個別にご連絡をさせていただき、順次支払を開始させていただきます。
なお、若干名の、弊社に対し訴訟・紛争を提起されている方については、SPCからの支払対象外とさせていただきますので、支給を希望される場合は、訴訟取り下げ後に入力頂きますようお願い申し上げます(期限:2018/04/10まで)。

以上、御理解のほどお願い申し上げます。

敬具

株式会社テイクオーバーホールディングス



最初読んだときは、おぉ!と期待したのですが、
良く考えてみると不自然な点があります。

不自然な点



1. 返済原資


「T社株主及びスポンサー主導」ということですが、
本当に調整お見舞金を支給する株主、スポンサーは存在しているのか?
みんなのクレジットとの調停は上手くいかなかったのに、何故今になって返済できるのか?

2. SPCの設立


何故SPCを設立する必要があるのか?
「調整お見舞金」を支払う会社をT社グループから分離することで、
T社グループへの責任を回避することが目的ではないか?
(T社グループの責任を回避するような何らかの条件を設けて支払いが始まる、と予想)

3. 対応内容


> フォーム開設後、必要情報をご入力頂き、弊社からの連絡をお待ち頂ければ、個別にご連絡をさせていただき、順次支払を開始させていただきます。
・いつから支払いが行われるのか
・全額支払うのか
など、記載されていないため、非常に不利な内容となる恐れがあります。

4. 訴訟取り下げ


訴訟・紛争を提起している方は、支払対象外、
訴訟取り下げ後に入力してください、と記載されていますが、
・何故支払い後に取り下げではダメなのか
・和解はできないのか
といった疑問があります。

5. 債権譲渡先はどうなるのか?


投資家の債券はサービサーに譲渡されたため、
サービサーはTグループから31億円を回収する権利が生じます。
SPCは調整お見舞金を投資家に支払う一方で、
T社グループはサービサーにいくらか返済するのか?

最後に


少しだけ望みはできましたが、
発表された内容は疑問に感じる点があり(これまでの経緯もあり)
鵜呑みにはできません。

T社グループが本当に返済する意思があるのであれば、
返済額、返済時期を明確にすることは当然のことながら、
訴訟取り下げ後の対応ではなく、
訴訟取り下げを条件として支払うような対応(和解)でもよいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ちょっと曲がった考え方をすると、
これまでの返済状況と同じように、
少額の投資家だけ完済して、
全額返済する意思はあった、という事実作りを行うのではないか?という不安もあります。
コメント
非公開コメント

これは、新たな詐欺の可能性も否定できませんよね。

詐欺罪でブタ箱行きが怖くなったのでしょうか。

いずれにしろ、スポンサーがこれを行うメリットは何なのでしょうか。

2018-03-15 02:30 │ from 747URL

>747さん
スポンサーが存在するのかも疑問ですが、
存在するのであれば、身内かと思います。

2018-03-15 18:16 │ from サムURL

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/349-bffc4b6a