サムライの10%案件(+ビットコイン4,000円)に10万円投資! - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » SmartEquity » サムライの10%案件(+ビットコイン4,000円)に10万円投資!
-->

サムライの10%案件(+ビットコイン4,000円)に10万円投資!

SAMURAIでは現在、
既存投資家も10万円以上投資すると4,000円相当のビットコインがもらえます。(~2018/3/31)
参考:ビットコインプレゼントキャンペーン

少し前に募集していた案件はビットコインをもらえたとしても、
あまり魅力に感じなかったため、スルーしていましたが、
3/2(金)にヴァリアブルファンドとして6~10%の案件が登場しました。

samurai20180303.png


全て同じ融資先ですが、
完済できない場合、利回りが高い案件から毀損していく優先劣後形式の案件です。

融資先はB社ですが、
上場企業A社の株式を担保に入れており、
B社への融資額2億円に対して、A社の株式が3/1時点で5億超となっているため、
暴落が起こらない限りは、担保はしっかりしていると思います。
(A社の時価総額が高くない場合、市場で売り切れるのか?という課題はあります)

ただ、気になる点もあります。

気になる点


1点目:投資期間



投資期間は3ヵ月ですが、
返済できない場合は6ヶ月の延長を行うという記載もあり、
実際3ヵ月で完済になるかは怪しいところです。

2点目:資金使途



資金使途の説明が、「2億円をB社への貸付金に充当し、その余の資金を私募取扱業者であるSAMURAI証券に対する私募取扱手数料の支払に充当致します。」となっており、
これは資金使途の説明になってるの?と疑問に感じる面もあります。
(この文章だと、B社への貸付というより、SAMURAI証券が私募取扱手数料を得るための貸付、と読んでしまいますが・・・)

3点目:募集開始時の申込状況



また、募集開始直後、私が投資する頃(募集開始から1時間ちょっと)には各案件で4000万円も申し込みがあり、
違和感のある募集となっています。

1つの案件でも成立しないと、全ての案件がキャンセル扱いになるため、
それを防ぐ意味でも予め一般枠とは別に確保していたのかもしれませんが、
それなら最初から100万円ずつの募集にしてよかったのでは?と。

それでも投資へ



気になる点は多いですが、
上場企業の「SAMURAI&J PARTNERS」が募集している初期の案件で、
当初予定期間も3ヵ月と短いため、
返済できる見込みが高い、キャンペーン的な案件と考え、
10万円だけ投資申し込みしてみました。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/346-148ff219