FC2ブログ

【クラウドクレジット】ペルー案件は一安心 - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » クラウドクレジット » 【クラウドクレジット】ペルー案件は一安心
-->

【クラウドクレジット】ペルー案件は一安心

最近あまり更新はしていませんが、
ソーシャルレンディングはバリバリ継続しています。

クラウドクレジットの近況について。

思わぬ利益が出た案件


思わぬ利益が出た案件は、
ジョージアマイクロローン事業者ファンド1号
です。

ドル円が105円切った時に募集していたため、珍しく為替ヘッジなしを選択してみましたが、
見事に成功し、
募集時期待利回り:10.4%
が、
ファンドの実現利回り:16.6%
となかなかの利回りとなりました。

cc20171004.png

為替ヘッジにしては、10万円と多めに投資してました。

為替ヘッジなしは円安になると大きな利益が見込める一方で、
円高になるとファンドは利益を出していても投資家に戻ってくるお金は元本割れする可能性もあるため、
リスクは高いです。

【ロシアルーブル建て】マイクロローン事業者ファンド1号
は、利回り37.9%と驚異的な結果となってました。
ルーブルは変動も大きいので、為替相場だけでもハイリスクハイリターンですね。

私は【ロシアルーブル建て】マイクロローン事業者ファンド4号に2万円だけ投資してますが、
償還日が2018年4月なので、全く安心できませんね^^;

リスクを抑えたい場合は為替ヘッジ「あり」を選択するのが無難です。
今は何かあると円が買われて円高になりやすいですが、
大幅な円安になる可能性もあるため、
円安ヘッジのために為替ヘッジ「なし」を選択する方法もあると思います。
外貨投資するなら、(クラウドクレジットの運用が上手くいく限りは)為替ヘッジなしで継続して運用するのも一つの手ですね。
但し、償還時は一旦円に換えられるため、再投資までの間に為替相場が動いたりすると、
思ったような運用にならないこともあります。
せっかく為替ヘッジなしがあるなら、外貨のまま投資したいですね・・・。

ペルー案件



順調だったペルーの案件ですが、
投資実行できないという連絡が入ってました。

-----

本日、ペルー小口債務者支援プロジェクト46号及び、【ソル建て】ペルー小口債務者支援プロジェクトII2号にご投資いただきましたお客様にお知らせがございます。

上記、2つのファンドにつきまして、お客様にご案内していた内容にて投資実行ができないことが判明いたしました。
そのため、該当の2つのファンドを不成立とさせていただきましたことをご報告申し上げます。

ご投資いただきました投資資金は2017年9月28日中にお客様の預託金口座へ返金させていただく予定となっております。

また、不成立の詳細に関しましては別途詳細をご報告させていただきます。

お客様には、本件措置によりご迷惑をおかけいたしましたことをあらためて心よりお詫び申し上げます。

-----

連絡が入ったのは9/27ですが、
それから1週間連絡がなく・・・もしや何か不正でもあったのか!?
と不安に思ってましたが、
10/6に詳細報告があり、
・ペルーの税制変更の認識誤りで、提示した利回りでの提供ができない
・既存のファンドは元の提示した利回りとなる(3月以降の増えた分配金が今後の分配金で調整)
という内容でした。

利回り低下は残念ですが、
元の利回りに戻っただけですし、
ファンド自体には問題がなかったということで安心しました。

クラウドクレジットのペルー案件には結構な金額を投資しているため、
ファンド自体に問題があって不成立となっていたら、
冷や汗ものでした。


クラウドクレジットは高利回りですが、
その分リスクも高く、想定通りの利回りにならなかったり、元本割れの可能性があるファンドも出てきてます。
ペルー案件は順調ですが、カメルーン案件は契約延長の案件が多い状態です。
ただ、元本を全て毀損するわけではなく、殆どは返ってきてますので、
前向きに考えると、リスクが高い割には、大事にはなっていない、と考えることもできます。

私が投資しているカメルーン案件は、以下のような状況です。
1.【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト1号
投資額:500,000
元本償還額:351,284
利益(税引き前):52,575
出資金残高:148,716

返済がなかった場合の損失率:19.2%
※(投資額-元本償還額+利益(税引き前))÷投資額

2.【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト2号
投資額:400,000
元本償還額:391,555
利益(税引き前):28,694
出資金残高:8,445

返済がなかった場合の損失率:0%
※利益も含めると元本分は戻ってきてます

3.【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト3号
投資額:300,000
元本償還額:274,516
利益(税引き前):18,722
出資金残高:25,484

返済がなかった場合の損失率:2.3%

3.【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト5号
投資額:200,000
元本償還額:188,693
利益(税引き前):12,787
出資金残高:11,307

返済がなかった場合の損失率:0%
※税引き前ベースでは、利益も含めると元本分は戻ってきてます

4.【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト6号
投資額:500,000
元本償還額:500,000
利益(税引き前):35,923
出資金残高:0

返済がなかった場合の損失率:0%
※満額戻ってきて利益が出ています。

5.その他
【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト8~10号
延滞が発生してからの案件ですが、
担保あるし大丈夫だろう、と甘く見て投資してました。
心配ですね・・・。


こうしてみると、今のところは、1号案件の延滞率は高いものの、
他の案件は大部分は戻ってきています。
今後カメルーン案件が復活しても、
担保が機能して回収できない限りは、投資する人は稀かもしれません。
しっかり回収できて復活した場合は、再度投資するかもしれませんが、
延滞中は為替ヘッジなしになりますので、
為替リスクを負うことになり、当初の主旨(為替リスクほぼなし)と変わってくるため、考える必要はありそうです。

クラウドクレジットには今後も引き続き頑張ってもらいたいですが、
延滞案件の回収もしっかり進むことを願います。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/329-2378eee4