FC2ブログ

みんなのクレジットへ問い合わせ - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » スポンサー広告 » みんなのクレジット » みんなのクレジットへ問い合わせ
-->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

みんなのクレジットへ問い合わせ

(進捗があったので)少し期間をおいて2回問い合わせた内容を纏めて共有します。

----

Q1.(8/22)
融資先で仮差押えがあり、8月分も弁済の目途が立っていないとのことですが、
融資先グループ全てで仮差押えが発生したのでしょうか?仮差押えが発生していない会社については、
弁済可能と思いますが、1社からも弁済がないのは何故でしょうか?
(どの範囲まで(会社代表個人も含めるのか)仮差し押さえされているのでしょうか?)

A1.
融資先においては、そのグループ会社の資金管理も一括して本部で行っておりました(旧体制における弊社は別勘定)。
もちろん法人格は別ですが、グループ管理体制を採用することでコストダウンや効率性向上を図っており、そこに目掛けて今回の一部投資家の法的行動が行われました。
融資先においては、これは個別会社に行われた事象ではなく、グループ全体に対して行われた(悪影響があった)という認識で、今回の調停についても、その対象はグループ会社すべてとなっています。

Q2.(8/22)
予定されていた資金調達に乱れが生じているようですが、一括での弁済ができなくとも、弁済の意思があれば、少しずつ弁済することは可能と思いますが、
全く弁済されないのは何故でしょうか?

A2.
融資先からの弁済については、現在調停に合意が得られるまでの間停止しております。
「弁済の意思」は、一部投資家の直接行動が発生し決済や調達に著しい影響が発生した中でも、金利分(投資家様にとっては配当分)はなんとか工面した、という形で
実行がなされたことにより、十分ではないまでもその意思の存在は現時点では確認された、と認識しております。
しかしながらこの状態が長きに渡ることは勿論正常な状態ではなく、そのために民事裁判によらない調停を選択し、法的拘束力のある妥結を早期に図る手段を取っています。

Q3.(8/22)
一括での弁済は難しいように思いますが、例えば9月末に一部弁済があった場合、投資家への配分はどのようになりますか?
(償還日が早い7月末償還分から順に配分されるのか、7~9月償還分に均等配分されるのか、それとも全投資家で投資金額に応じて均等配分されるのか)

A3.
融資先からの弁済については、まず融資先から弊社への弁済が行われ、そこから投資家様への配当や償還が行われます。
そして、融資先から弊社への弁済方法についてが調停の対象になっており、その妥結内容に準じた形での投資家様への弁済と なります。
その内容については、本日現在で確定しておらず、ご質問に明確に「こういう形になります」というお答えが残念ながら出来かねます。
原則的立場は「投資家の皆様の公平性を損なわない」ことが重要で、それを満たさない妥結は行えません。

Q4.(8/22)
以前メールであった「融資先の売上管理や融資管理等全般を把握する体制」はどの程度整っているのでしょうか?

A4.
弊社から融資先に役員を派遣し、融資先グループすべての資産・資金管理体制の構築を既に実行しています。

Q5・6.(8/31)
7月償還予定(延滞中)の案件は8月に分配金(利息)の支払いがありませんが、
延滞案件については分配金も支払われないのでしょうか?
融資先が分割返済を求めているとのことですが、期間はどれくらいになりますか?

A5・6.
分割返済の期間、延滞案件の遅延損害金や分配返済になった場合の金利に関しましては、調停内容に含まれており
調停成立後にご投資家様へお知らせを致します。

Q7.(8/31)
返済できない理由の一つとして、信用不安が起こったこともあるようですが、
信用不安が起こっているのに、分割だと返済できる根拠は何でしょうか?

A7.
分割返済につきましては、調停申立書にて融資先より申し出がありました内容に対し、
弊社は今後の調停期日に向けて、その妥当性や実現性を精査してまいります。
弊社の第一優先順位は、投資家様の資金を棄損しないことでございますので、
それをクリアして初めて、分割返済という手段も選択肢として含まれることは事実でございます。

Q8.(8/31)
ブルーウォールジャパンのサイトに、順調であれば9月から返済を開始するというお知らせが載っていましたが
(現在は削除されています) 御社が納得できる内容の調停申立書だったのでしょうか?

A8.
9月20日の調停期日に係る情報となります為、8月28日にお送りいたしましたメールの内容が
現在公開できるもの全てとなります。ご了承ください。

Q9.(8/31)
マイページから確認できる運用状況はいつ更新されますか?

A9.
運用詳細の更新におきましては、まだ詳しい日程は決まってはおりませんが、
新しい情報に更新いたしましたら、お客様へご連絡させていただきます。

----

調停が終わるまでは、ほぼ答えられません、ということですね。
当然ではありますが・・・。

このまま長引いて資金が枯渇する前に、少しは返済してもらいたいですね。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

みんなのクレジットからのお知らせ3

昨日みんなのクレジットからお知らせ3のタイトルのメールが来ました。

平素は「みんなのクレジット」をご愛顧下さり、誠にありがとうございます。

この度、108号案件にかかる貸付先より返済が困難とのご連絡があり、同社との金銭消費貸借契約に基づき、2017年9月15日に期限の利益の喪失となりました。
弊社といたしましては、貸付先との協議を開始しており、同社より不動産担保の売却の了承を得ておりますので、即時担保物の売却を実行し、早期償還を実施して参ります。
今後、該当投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、定期的にメールにてご報告いたします。
なお、第2案件にかかる配当は実行させていただきます。
ご投資家の皆様には、ご迷惑をおかけいたします事を心よりお詫び申し上げます。

************************************************************************
株式会社みんなのクレジット
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-2 スプラインビル8F
電話番号:03-5457-1621 FAX番号:03-5457-1622
・貸金登録番号:東京都知事(1)第31585号
・金融商品取引業第二種:関東財務局長(金商)第2905号
・日本貸金業協会会員:第005927号

************************************************************************

2017-09-29 06:19 │ from 今野URL Edit

今野さん

情報ありがとうございます。
108号案件に私は投資していませんが、
担保評価額が借入額を上回っているとのことで、
評価額通りで全額戻ってくるのか気になりますね。

2017-10-05 13:02 │ from サムURL

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/328-162990f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。