FC2ブログ

新社会人用の資産推移の目安 - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » スポンサー広告 » 総合 » 新社会人用の資産推移の目安
-->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

新社会人用の資産推移の目安

前回、1億円を目指すか、ほどほどに運用するか?で、
1. 元手800万円で1億円を目指せる方法
2. 無理せず運用できる方法
の2種類を紹介しました。

今回は、新社会人の方をモデルケースとして、資産推移をシミュレーションしてみたいと思います。

前提条件



前回とほぼ同じです。
元手だけ違います。

1. 元手0円でスタート


新社会人ですので、元手は0円とします。

2. 年利4.5~6%での運用


年利4.5~6%運用とします。

3. 税金は30.42%と固定


新社会人なので、税率はもっと安くなりますが、計算を簡単にするため、全期間30.42%(所得税率20.42%、住民税10%)固定とします。
また、年収が上がると税率が上がってしまいますが、(復興税がなくなったりもしますが)
それも考慮しないこととします。

4. 完済~再投資まで、年間で40日間投資していない期間が発生すると設定


完済~再投資まで、投資しない期間が発生するため、
年間で40日間を投資しない期間と設定します。
(利回りは約11%低下)

対象業者


前回同様に、以下の事業者を対象とします。

1. OwnersBook
2. LC Lending
3. SBIソーシャルレンディング
4. maneo

50万円/年 追加時のシミュレーション



各業者10万円ずつで、LC Lendingには20万円とします。

20170521_01.png

初任給はそこまで高くない人が多いと思いますので、年間50万円の資金追加でシミュレーションしてみました。
年間50万円資金追加するだけで、
利回り4.5~6%でも、
60歳になる頃には¥37,865,456にもなります!
年齢を重ねれば追加できる資金は増えるはずですので、
次は29歳までは50万円、30歳から100万円を資金追加するシミュレーションを立ててみようと思います。


29歳までは50万円/年、30歳から100万円/年 追加時のシミュレーション



各業者20万円ずつで、LC Lendingには40万円とします。

20170521_02.png

どうですか?
予想外に凄いと思いませんか?
30歳から100万円ずつ資金を増やすだけで、60歳になるころには、¥63,333,370にもなってしまいます。

30歳頃から年間100万円ずつの資金追加であれば、
そこまで無理なものではないと思います。
(家族ができて、出費が増える・・・などで計画通りいかないかもしれませんが)

若いうちはリターンの高い案件に投資したくなりますが、
若い方が長期間投資できるメリットがあります。
長期間投資することで、複利の効果が大きくなりますので、
リスクの低い案件に投資して、確実に資産を増やすのも一つの手かと思います。

私は高利回り案件に手を出してしまっていますが、
何年後にいくら欲しいのか、を明確にしておくと、
思ったよりも利回りが低くても、目標金額に到達できるかもしれません。

スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/316-9aa8991a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。