FC2ブログ

【みんなのクレジット】行政処分勧告!? - ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » みんなのクレジット » 【みんなのクレジット】行政処分勧告!?
-->

【みんなのクレジット】行政処分勧告!?

皆さんが予想していた通り(?)にみんなのクレジットがやってくれました。

キャッシュバックキャンペーンでどんどん資金を集めており、
怪しさが漂っていたみんなのクレジットですが、
説明と異なる業種の企業に貸し出しを行っていたということで、
証券取引等監視委員会が、近く行政処分を行うよう金融庁に勧告するようです。

-----
お金を借りたい中小企業と貸したい個人投資家をインターネット上で仲介する新たな金融サービスを行っている東京の会社が、投資家から集めた資金の多くを事前の説明とは異なる融資先に貸し出すなどしていたとして、証券取引等監視委員会は行政処分を行うよう金融庁に勧告する方針です。
勧告の対象となるのは、ソーシャルレンディングと呼ばれる金融サービスを行っている東京・渋谷区の「みんなのクレジット」です。

ソーシャルレンディングは、金融機関から融資を受けにくい中小企業などとお金を貸したい個人投資家をインターネット上で結びつけるもので、ここ数年、仲介会社が増加し、市場も拡大しています。

ところが関係者によりますと、みんなのクレジットはこの1年で集めた40億円を超える資金の多くを融資先と説明していた業種ではなく、自社のグループ企業に貸し出していたということです。証券取引等監視委員会はこうした行為が金融商品取引法に違反するとして、近く行政処分を行うよう金融庁に勧告する方針です。

ソーシャルレンディングの仲介会社は、貸金業法の規制で具体的な融資先の企業名を明らかにできないため、業種や地域などを示して資金を集めていますが、金融の専門家などからは、こうしたことが投資家のリスクにつながっているのではないかと指摘する声も上がっています。
-----

引用元:説明と異なる融資先に資金を貸し出しか 行政処分勧告へ


みんなのクレジットは、以前からも虚偽の説明があると当ブログでも紹介していましたが、
参考:みんなのクレジットの懸念
まさか貸出先まで虚偽の説明を行っていたとは・・・。

あと、「AIを導入」ということが最近色々なブログで取り上げられていますが、
そんな簡単な物ではありませんので、
客寄せに発言しているだけなんだろうな、という印象を受け、
私の中では怪しさが増していました。

昨年末に証券監視委の検査が入りましたが、
参考:みんなのクレジットに証券監視委の検査が入る
この辺りから運用期間が12か月以上の案件が目立つようになっていました。
もしかすると、行政処分勧告を予想して、
集められるうちに長期の運用期間で集めたのかもしれません。
(検査してすぐ分かりそうな内容ですが、3ヵ月かかるんですね・・・)

早期にみんなのクレジットからのしっかりとした説明が待たれます。


一方で、引用した説明文の最後に、
匿名化が投資家のリスクに繋がっているという声があがっている、
という一文がありますので、
この辺を金融庁がしっかりと認識し、現在の匿名化の改善に繋がることを願います。

尚、私もみんなのクレジットには現在で400万円超の運用を行っているため、
無事に回収できることを願います・・・。
このままサービス終了(計画倒産?)しないで、
しっかりとした体制を構築し、再起を図ってほしいですね。。。

スポンサーリンク

一応ネタついでに公開しておきます。

mcredit20170324.png

開業してから1年間は信用築いて、
2~3年目あたりからは危ない、
今年の年末までは何とかなるかなぁ、なんて思ってましたが、甘かったですね。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://p2plending.blog.fc2.com/tb.php/298-ec39943c