ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディングに関する情報ブログ。maneo、AQUSH、SBIソーシャルレンディングサポートに関する情報を掲載。投資履歴も掲載。

【みんなのクレジット】早期償還がありました

みんなのクレジットから早期償還がありました。

mcredit20160820_02.png



早期償還と言っても、9/6完済予定だった案件が、8/19に完済と、わずかな期間です。

注目すべき点は、メールで
「本来の予定であれば、9月6日償還予定であったため、規約に則り8月28日までの配当計算で、本日お客様のマイページ口座に
配当金及び元本を振込させて頂きました。」
という連絡がありました。
月末までの配当が入るようで、投資家側に有利な条件となっていました。

みんなのクレジットは完済実績が少なく、
キャンペーンの大盤振る舞いで不安はありますが、
9~11月にかけて完済予定の案件が出てくるため、
そこでしっかりと完済が進めば、信用度も上がってくると思います。
(11月を過ぎるとキャンペーンも落ち着いてしまうかもしれませんが・・・)

投資家側としては、選択肢が沢山あった方がいいですので、
是非とも頑張ってもらいたいです。



【クラウドクレジット】初の為替ヘッジなし案件に投資

クラウドクレジットへの要望に書いた通り、
ジョージアマイクロローンに投資しました。

私はこれまで、クラウドクレジットには円建てか為替ヘッジありの案件にしか投資していませんでしたので、
初めての為替ヘッジなし案件となります。

金額は10万円です。
しばらく円高が進みそうなため、大きな金額にはしていません。

合わせて、
・ペルー小口債務者支援プロジェクト22号(円建て)
・【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト6号
にも50万円ずつ投資しています。
円高に進んでも、(期待利回り通りとなれば)この2つの案件で補ってくれる状態としました。

crowdcredit20160812.png

今後、さらに円高が進み(ドル円90円以上)、
期待利回りも現状並みであれば、
ドル建て案件に追加投資も考えています。(金額は同じくらいを想定)

ラッキーバンクから大きな金額の早期返済があったため、
クラウドクレジットの為替ヘッジ付き案件にもう少し投資してもいいかな?と考えています。
(カメルーン案件は、先日の手数料半額キャンペーンと同じ期待利回りになってます^^;)

為替ヘッジなしの案件は、しばらく現状維持です。

みんなのクレジットのサマーカーニバルに参加

サポート体制などで色々批判があるみんなのクレジットですが、

15万円以上の投資で5千円キャッシュバック(夏祭りボーナス)
15万円以上の投資で2万円キャッシュバック(サマーカーニバル)

に申し込んでみました。
それぞれ個別のキャンペーンも狙った方がいいだろう、ということで、
25万円ずつ投資しました。

サマーカーニバルの方は、早速入金されました。

mcredit20160805.png

先着100名なので、間に合わないかな?と思いましたが、
14時頃で55名の申込みだったので、余裕があったようです。

15万円で2万円キャッシュバックは、みんなのクレジットにしてみるとキャンペーンの失敗な気がしてます。
(15万円しか投資しない人が相当数出てますので、資金が殆ど集まっていませんし、あまり話題にもあがっていません)

みんなのクレジットはそろそろキャンペーンの効果がなくなってきているため、
これまでの案件完済の実績積みと、サポート体制の強化が必要と思います。

キャンペーンは非常に美味しいですが、
完済案件が少ない中、
今のサポート体制(返信がない)では、ちょっと勧めづらいです。

個人的な推測に過ぎませんが、
代表取締役の白石さんの経歴を見て、
みんなのクレジットは事業が軌道に乗ってきたら売却することも考えている気がします。
それなら、キャンペーンでお金ばら撒いても後から十分元は取れるかな?と考えてみました。
まぁ、私の推測に過ぎませんので、
リスクを抑えたい方は、もう少し待って完済案件が増えて、
かつ、サポートも正常に機能し始めてから投資することをお勧めします。

何とかなるんじゃね?という方は、
短期案件のキャンペーンにどんどん参加してもいいかもしれません。
3~5か月案件の組み合わせだと、コンビボーナス含めると利回り20%近くいってます。
12か月10%の案件より、3~5か月7%の案件の方がいいです。

みんなのクレジットの投資履歴に後日8月分を載せますが、
私は(詐欺ではなさそうと判断し)そこそこ投資してみました。

前述したように、みんなのクレジット
・サポート体制が不安
・完済案件が少ない
という状況ですので、安心して投資できる状態ではないことをあえて強調しておきます。

個人的には、一旦キャンペーンを打ち切って、
9~11月に返済を迎える案件でしっかり返済した実績を作ってから、
再度キャンペーンを実施した方が、
中長期的にはキャンペーンの効果が高いように感じます。
上記のようにやろうとすると、11月まで殆ど何もできなくなってしまいますが・・・。

予算が十分にあれば、成果はあまり上がらないと思いますが、
多少は呼び込めるため、成果に構わずに続けるのはありなのかもしれません。
(最近は株系のブロガーがよく紹介していますので、ある程度の集客効果はあると思います)

話が脱線してしまいますが、
上記のことを考えると、新規の業者はスタートダッシュしようにも、
初期の段階では信用がないので、スタートダッシュできないことになりますね。
運営元がノーリスクで儲けられるビジネスモデルではありますが、
そんなに簡単なものではないようです・・・。


追記
第1弾と記載があったので気になっていましたが、
早速第2弾が行われています。
これはさすがに間に合わないかなぁ・・・。

クラウドクレジットへの要望

クラウドクレジットは、是非とも
外貨による投資
も可能となるようにしていただきたいです。
(理由は長々と以下に説明します)


クラウドクレジットから、新たに2つの案件が発表されました。

1.【ロシアルーブル建て】マイクロローン事業者ファンド1号
ロシアルーブル建て:14.6%
2.ジョージアマイクロローン事業者ファンド1号
米ドル建て:10.4%

ロシアルーブルは14.6%と高利回りですが、
リーマンショック前に4.8程度だったのが、今では1.53と
8年間で1/3になっています。
仮に14.6%の利回りでも、8年で2倍ちょっとになる程度ですので、
この調子でロシアルーブルに対して円高が続くと、
大きく元本割れする可能性があります。

私はロシアルーブル建てのファンドには現時点で投資する予定はありません。

一方で、ジョージアマイクロローンは米ドル建てです。
米ドルであれば、1ドル70円程度まで見ればいいかな?と考えていますので、
3年程度運用し続ければ、仮に1ドル70円まで下落しても、元は取れそうです。

円高に進めば、その分輸入品が安くなるので生活には困らないのですが、
円安に進んだ場合、物価高に見舞われて生活苦となる可能性があります。
そのため、どこかの時点で円安ヘッジを行う必要が出てきます。

中期的には円高に進みそうな感じですが、
(一旦ドル円が70円程度まで円高に進むかもしれません)
将来的には円安に進むと考えていますので、
米ドルで利回り10%程度の運用というのは、なかなか魅力的に見えます。

一方で、運用期間が終了すると円に替えて返済されるため、
運用期間中に円高に進むと、
元本を割れて返済されてしまいます。
また投資すればよいのですが、
投資時の円→米ドル、返済時の米ドル→円の為替手数料が無駄にかかってしまいます。

円安ヘッジを考えるのであれば、
毎回円で外貨建て案件に投資するよりも、
常に外貨で持っていて、外貨の案件に投資した方が、
無駄な為替手数料は発生しませんし、
為替の急激な変動リスクにも影響を受けません。
(毎回円から外貨建て案件に投資すると、
 投資する際に急激に為替が変動した場合、損失を被ります)

上記の理由から、(制度的に難しいのかもしれませんが、)
クラウドクレジットには、是非とも、
外貨での投資も検討して頂きたいです。

私はジョージアマイクロローンについては、少額ですが投資する予定です。
まさかの円安に振れるのが、一番最悪な状況ですので、
円高で多少損失を被っても、円安ヘッジのポジションを少しは持っておきたいためです。

SBIFXで920米ドル買っており、
今のところはスワップを頂いていますが、
円と米ドルの金利が逆転するとスワップがマイナスになるため、
レバレッジを効かせた分、必要資金は少なくて済みますが、あまりいいものではありません。

【スマートレンド】一転して出金

昨日、【スマートレンド】ウォッチ用資金確保の記事を書いたばかりですが、
本日、出金してしまいました。

成立後、朝にキャンセルされたことが原因です。

◆事業資金支援型ローンファンド 第4号◆

https://www.smartlend.jp/fund/detail?fund_id=21

- 貸付実行キャンセルの理由 -
このファンドは、以下の理由でキャンセルとさせて頂きます。

成立金額が少額のため、キャンセルとさせて頂きます。

投資家の皆様におかれましては、ご投資頂きましたにもかかわらず、
誠に申し訳ございません。


「募集成立条件」って何なんだろ?と思いながらも、
次の7.5%・3か月案件では代替案件にはならないため、
無駄に出金手数料がかかりますが、仕方なし。

10万円くらいならそのままスマートレンドで投資してもいいのかもしれませんが、
2%の金利差で2,000円/年の差が生じて個人的には影響が大きいこと、
投資家は成立後にキャンセルできないのに、
借り手は成立後でもキャンセルできる現状に少し違和感を感じて出金。

「一方的にキャンセルしてごめんねキャンペーン」でもあれば再投資してましたが(ぇ

成立後のキャンセル・あまりにも早い早期返済は、
借り手に違約金を科した方がいいのではないでしょうか。

この件により、申し込み状況が悪ければキャンセルの可能性が高まり、
申し込み状況が良ければ振り込んでから間に合わない可能性もあるため、
(常に入金している人は別として)投資しづらくなりました。

スマートレンドについては、
この一件で投資しない、というわけではなく、
また良さそうな案件が出てきたら投資を考えます。
6か月以上の案件であれば、そのまま継続投資の予定です。
(前の1ヶ月案件のようなものは、その時限りで出金しちゃいますが)
次のページ

FC2Ad