ソーシャルレンディング研究誌

ソーシャルレンディング研究誌 ホーム » 

【みんなのクレジット】詐欺確定か?

証券取引等監視委員会から、正式な発表がありました。

株式会社みんなのクレジットに対する検査結果に基づく勧告について

詳細は上記を読んでいただくこととして、
特に気になった・・・を選ぼうとしましたが、
(2)当社の業務運営について投資者保護上問題が認められる状況
は全て詐欺行為ですね。。。
特に目も当てられないのは、以下でしょうか。

-------

ウ 白石代表がファンド出資金を自身の借入れ返済等に使用している状況

 白石代表は、当社が甲に貸し付けたファンド出資金について、甲の社員に指示を出し、自身の預金口座及び自身の債権者に送金させている状況が認められた。

オ ファンドからの借入れを返済することが困難な財務の状況

 当社は、ファンド出資金の最大の貸付先である甲が、平成28年5月末から同年11月末の間、毎月多額の損失を出し続け、累積赤字を増加させており、同年8月末から同年10月末においては債務超過の状態にあったことを認識していた。甲は、同年11月末、上記エの増資により債務超過状態を解消しているが、一方で、同年5月以降、ファンドから毎月多額の資金を借り入れていたことから、同年11月末時点における短期借入金が流動資産を大きく上回る状況となっている。
 また、平成28年11月末時点における甲グループ全体の財務状況についても、短期借入金の総額が流動資産を大きく上回っている状況となっていることから、ファンドからの甲グループへの貸付けは返済が滞る可能性が高い状況と認められる。

-------

サービス開始当初から、詐欺目的だったようで、
自身の口座にもお金を入れたりしたようですね。
(だったら検査後にもっと早く手を打ってくれよ!と言いたくなりますが・・・)

【みんなのクレジット】行政処分勧告!?

皆さんが予想していた通り(?)にみんなのクレジットがやってくれました。

キャッシュバックキャンペーンでどんどん資金を集めており、
怪しさが漂っていたみんなのクレジットですが、
説明と異なる業種の企業に貸し出しを行っていたということで、
証券取引等監視委員会が、近く行政処分を行うよう金融庁に勧告するようです。

-----
お金を借りたい中小企業と貸したい個人投資家をインターネット上で仲介する新たな金融サービスを行っている東京の会社が、投資家から集めた資金の多くを事前の説明とは異なる融資先に貸し出すなどしていたとして、証券取引等監視委員会は行政処分を行うよう金融庁に勧告する方針です。
勧告の対象となるのは、ソーシャルレンディングと呼ばれる金融サービスを行っている東京・渋谷区の「みんなのクレジット」です。

ソーシャルレンディングは、金融機関から融資を受けにくい中小企業などとお金を貸したい個人投資家をインターネット上で結びつけるもので、ここ数年、仲介会社が増加し、市場も拡大しています。

ところが関係者によりますと、みんなのクレジットはこの1年で集めた40億円を超える資金の多くを融資先と説明していた業種ではなく、自社のグループ企業に貸し出していたということです。証券取引等監視委員会はこうした行為が金融商品取引法に違反するとして、近く行政処分を行うよう金融庁に勧告する方針です。

ソーシャルレンディングの仲介会社は、貸金業法の規制で具体的な融資先の企業名を明らかにできないため、業種や地域などを示して資金を集めていますが、金融の専門家などからは、こうしたことが投資家のリスクにつながっているのではないかと指摘する声も上がっています。
-----

引用元:説明と異なる融資先に資金を貸し出しか 行政処分勧告へ


みんなのクレジットは、以前からも虚偽の説明があると当ブログでも紹介していましたが、
参考:みんなのクレジットの懸念
まさか貸出先まで虚偽の説明を行っていたとは・・・。

あと、「AIを導入」ということが最近色々なブログで取り上げられていますが、
そんな簡単な物ではありませんので、
客寄せに発言しているだけなんだろうな、という印象を受け、
私の中では怪しさが増していました。

昨年末に証券監視委の検査が入りましたが、
参考:みんなのクレジットに証券監視委の検査が入る
この辺りから運用期間が12か月以上の案件が目立つようになっていました。
もしかすると、行政処分勧告を予想して、
集められるうちに長期の運用期間で集めたのかもしれません。
(検査してすぐ分かりそうな内容ですが、3ヵ月かかるんですね・・・)

早期にみんなのクレジットからのしっかりとした説明が待たれます。


一方で、引用した説明文の最後に、
匿名化が投資家のリスクに繋がっているという声があがっている、
という一文がありますので、
この辺を金融庁がしっかりと認識し、現在の匿名化の改善に繋がることを願います。

尚、私もみんなのクレジットには現在で400万円超の運用を行っているため、
無事に回収できることを願います・・・。
このままサービス終了(計画倒産?)しないで、
しっかりとした体制を構築し、再起を図ってほしいですね。。。

⇒ 続きを読む 【みんなのクレジット】行政処分勧告!?

ソーシャルレンディングの2016年出金手数料ランキング

マイナーな話題として、
私が2016年に各社から出金した際にかかった出金手数料の総額を、
業者ごとにランキング化してみました。

順位 業者名 出金手数料
1 maneo 3,726円
2 SBIソーシャルレンディング 1,919円
3 ガイアファンディング 1,296円
4 みんなのクレジット 864円
4 LC Lending 864円
6 スマートレンド 432円
7 AQUSH 51円
9,345円
結構かかってますね^^;
それ以上の分配金は頂いていますが、
証券会社やFXであれば手数料無料のため、
気になる部分です。

maneoではほぼ毎月出金しており(月によっては2回)
3,726円と安い居酒屋に1回行ける程度の出金手数料がかかっています。
7月分から出金手数料が値下げされたため、多少は抑えられました。

SBISLは今でこそ出金手数料無料となりましたが、
有料の時にも出金していたため、
1,919円となりました。
SBISLは使いづらいので投資額を大幅に減らしています。
そろそろ見やすくしてほしいですね・・・(せめて分配履歴などをCSVでDLできるようにしてほしいです)

【クラウドクレジット】期間延長したカメルーン案件3件から分配金入金

クラウドクレジット
で私が投資しているファンドの内、カメルーン案件4件(為替ヘッジ1,2,3,5号)で契約期間延長となっていますが、
その内の3件で3/15に分配金が入金されました。

分配金が入ったのは、為替ヘッジの1,3,5号案件です。

ccredit20170316_came01.png
ccredit20170316_came03.png
ccredit20170316_came05.png

1号は分配金合わせても、
まだ元本の77%しか戻ってきていませんが、
3,5号は元本はほぼ戻ってきていますので、多少は安心しました。
(2号も契約期間延長となっていますが、2号は元本+αは既に戻ってきています)
担保がしっかり機能して、元本が全て戻る&利子もつくことを祈ります。

分配に合わせて、運用レポートがメールで届き、
クラウドクレジットのサイト上にも掲載されています。
現況が気になる方はクラウドクレジットのサイトをご覧になって下さい。
こういう説明がしっかりあるのはいいですね。

戻ってきた資金は、
株主優待に回そうかと悩みましたが、
手間も考えて、
これまでの実績と、期待利回りが上がっているペルー案件に投資しました。
ロシアルーブル建ての案件は、今は追加投資しないで、もう少し為替が動いてから追加投資を考えます。

第1回ソーシャルレンディングサミット Part2

パネルディスカッション



1. 何故ソーシャルレンディングが盛り上がり始めたのか?


maneo(安達氏)
借り手の需要は以前からあったが、流れていくお金が存在しなかった。
投資家のマインドがよくなった。
政府が後押ししたり、メディアがソーシャルレンディングを扱う機会が増えた。
真面目にやる業者の実績ができてきた。

クラウドクレジット(杉山氏)
業者が増えてきた。
業者によってPRのやり方が変わるため、幅広い層に広がった。

OwnersBook(岩野氏)
Q. 不動産業界の市場はどうなっているのか?(クラウドポート 藤田氏)
2016年の方が大変だった。
2017年はブレグジットや米国大統領選が終わり、買わずに待っていた人が買い始めている。
貸金業者は十数年前と比べて1/20に減っている。
お金を借りづらくなっていた中で、クラウドファンディングが普及してきた。
クラウドファンディングの実績ができてきた。
急拡大はしているが、米国と比較すると成長余力がある。

ラッキーバンク(田中氏)
Q. 投資家獲得のために取り組んでいることは?(クラウドポート 藤田氏)
特にはないが、市場で一般投資家が目を向けてくれるようになった。
家入さん(ビッグネームの方)の参入も大きい。

TATERU FUNDING(村上氏)
Q. ファンド出した瞬間に埋まるのは予想していたか?(クラウドポート 藤田氏)
1号目は1,2日程度で埋まる期待はあったが、実際やってみたら予想以上に人気だった。
不動産投資をやってみたい人に選んでいただいている。
Q. 不特法を選んだ理由は?(クラウドポート 藤田氏)
自分たちが取り扱っているものが不動産のため、それを活かせるものが不特法だった。

CAMPFIRE(家入氏)
Q. いつ頃、何がきっかけでソーシャルレンディングをやろうと思ったか?(クラウドポート 藤田氏)
CAMPFIREで地方の取り組みはやってきた。
行政の課題は多いが、購入型だけでは資金が集まらないケースもある。
購入型や寄付型だけでなく、多様な形式があってもいいのではないかと思った。
購入型ではプロジェクトを立ち上げる側を考えていたが、お金を出す側を考えていなかった。
応援する、支援する以外にも、資産運用する形でお金を出す方も一緒にやっていけるのではないか、と考えた。

Q. 準備する中で、購入型との違いはあるか?(クラウドポート 藤田氏)
全然畑が違うため、本当に大丈夫か?という感じだが、きちんとやっていきたい。

2. ソーシャルレンディングの課題は?



クラウドクレジット(杉山氏)
この半年間で融資型の投資家が急増しているため、体制強化が必要。
倒産隔離がされていない。
アフィリエイト経由の流入が増えているため、法令順守、誤解を生む表現を行わないように広告活動していただくようにメッセージ発信など必要。

maneo(安達氏)
Q. 業界の盛り上がりに対して、気を付けた方がいいことは?(クラウドポート 藤田氏)
事故が起こった際に投資家に納得のいく説明が必要。
永久的に貸し倒れが起こるわけではないため、分散投資は必要。
完全に安心なものとして信じ切って投資されると怖い。

OwnersBook(岩野氏)
Q. 信頼獲得のためにはどうすればよいか?(クラウドポート 藤田氏)
なかなかネット上で信頼を得るのが難しい。
リアルなセミナーなどで説明していくことが必要。
ソーシャルレンディングの仕組み上、貸金業の問題で全ては情報開示できないため、
万一事故があったときに、今は説明しづらい状況となっている。
貸金業が個人の方を守るような風潮になっていくことが必要。

ラッキーバンク(田中氏)
Q. 金融庁はどのような点を指導しているか?(クラウドポート 藤田氏)
(やる気は満々だがメンタルはボロボロの状態で参加している)
金融庁は投資家保護の観点で見ている。
投資家保護のために分別管理、案件精査、倒産隔離を慎重に考えている。
一方で、貸金業法との兼ね合いで、非開示、ファンドの複数化の問題はある。
事業者側には厳正な管理体制を求めている。

TATERU FUNDING(村上氏)
Q. 参入時の懸念は?(クラウドポート 藤田氏)
非公開の部分があるが、不特法では公開されている。
実際の投資家がどのような方か?利回りを気にされる方が多いのでは?と気になっていた。

不特法とは?
営業者が物件を所有して、優先劣後に分けて(優先出資の方、劣後出資の方)
元本割れをしないように、評価が下がった場合は劣後から元本割れとなる。
例えば、1億円の融資に対して優先出資7千万円、劣後出資3千万円の場合、
7千万円までは優先出資の方に元本割れせずに出資額を戻せる。

CAMPFIRE(家入氏)
Q. ソーシャルレンディング業界へのアドバイスは?(クラウドポート 藤田氏)
借り手の情報開示がネック、色々な情報が出せるようになるとよい。
利回りだけでなく、多様な方が投資するようになるのでは?
若い人が銀行に預けるよりもソーシャルレンディングに投資するなど、興味を持ってもらえる仕組みはもっとあると思う。

3. ソーシャルレンディング業界はどのようになっていくか?



TATERU FUNDING(村上氏)
金融機関との連携が強くなるのではないか。

maneo(安達氏)
Q. ソーシャルレンディングの市場規模はどこまで拡大するか?(クラウドポート 藤田氏)
不動産担保だけでも数千億までいける。
米国や英国はPtoPやスモールビジネスの事業者への支援で伸びている。
リート市場にも注目している。利回りが低くても、金額が数兆円単位の市場規模。

OwnersBook(岩野氏)
不動産は個人がダイレクトで取引するようになるのではないか。
日本人はリスクを好まないのでは?と思われているが、意外と好きなのではないか?
ラスベガスの規模よりもパチンコの規模の方が大きい。

ラッキーバンク(田中氏)
Q. 若い人に浸透するには?(クラウドポート 藤田氏)
10%程度は20代、若年層も金融リテラシーがついてきている。
プライマリーマーケットからセカンダリーマーケット構築にもつながっていけば、
若年層も入りやすくなるのではないか。

CAMPFIRE(家入氏)
NPOバンクの考え:社会がよくなった分が利息になるという考えが良い。
上記の考えを取り入れれば、若年層も参加するようになるのではないか。

会場との質疑応答


他社の凄いところは?



CAMPFIRE(家入氏)
maneoは個人向け融資をもう一度やることはあるのか?
maneo(安達氏)
勿論入っていきたいが、カードローンが普及しているため、
事業プランがあれば参入したいと考えている。

クラウドクレジット(杉山氏)
maneo:日本の市場をけん引している、実績を積んで市場の信頼を獲得しているため素晴らしい。
ラッキーバンク:同じような時期に開業して~の(※聞き取れませんでした--;)執行力を見習いたい。
OwnersBook:新しい業界ではハイリスクハイリターンでないとお客様に見ていただきづらいが、ローリスクローリターンで参入している。
TATERU FUNDING:上場企業のため、業界全体の信頼獲得に貢献している

高利回りの案件はすぐ埋まるため、救済措置はないか?



maneo(安達氏)
同時に多数案件を出す試みは行っている。
他の対策は議論している。
一旦お金を預けたら半自動で運用することも検討している。

金融当局への要望は?



OwnersBook(岩野氏)
規制緩和が一番のカギ。
規制緩和することで、新しいことを取り込んだ方がマーケットは活性化する。
銀行に頼っているレンディングのマーケットが一般市民も広く参加できるような仕組み作りができるようになれば、成長できる。
一方で、規制なしではお金を持って逃げる人も出てくるため、バランスは必要。

地方でセミナー開催の予定はないか?



maneo(安達氏)
現状、登録している投資家は首都圏が過半数となっているため、地方も攻めたい気持ちはある。
セミナーの開催も検討していきたい。

既存の銀行と競合になることはあるか?



クラウドクレジット(杉山氏)
借り手は世界を見るとまだまだ拡大余地がある。
投資家にはより保全性の高い案件を提供していくことも必要。
ハイリスクハイリターンの市場も、保全性が高い市場(利回り2%など)のマーケットも広がっていくのではないか。

maneo(安達氏)
銀行は競合する存在ではない、協業していく存在。
銀行との違いはスピード感、銀行は過去の実績を見ている。
ソーシャルレンディングでは目の前の話しにお金を供給できる。
銀行との役割分担はできている。

グループ会社への貸付割合は?



ラッキーバンク(田中氏)
現時点ではない。
今後10~25億/年程度で融資していく予定。

事業者の方への挨拶



サミット終了後、事業者の方と名刺交換をさせていただきました。
その際の会話の内容を紹介します。

ラッキーバンク 田中氏


金融庁の検査のため、(待っているときの様子を見ると)疲れている印象を受けたと伝えたところ、
金融庁の検査があることで、厳格な体制になるため、
業界発展のためには調査が入ることは良いことだ、と前向きに考えていました。
最近の不動産市況について、
銀行も融資するようになってきており、高利回りの案件提供が難しくなってきている、
景気が落ち込んだ時の方が(銀行がお金を貸さなくなるため)良い案件を提供できる、といった話をしていただきました。
東北でのセミナー開催についてもお願いしておきました。
ラッキーバンクは東京の物件中心のため、
関東から離れている方には馴染みがなく投資しない方も多いため、
関東以外でもセミナーを開催したい、と前向きに回答して頂きました。
あと、最近成立が早過ぎて投資出来てないんです、と伝えておきました。

クラウドクレジット 杉山氏


今後の展開について聞くべきでした・・・。
カメルーン案件について、想定はされてましたよね?という愚問を行ってしまいましたが、
丁寧に回答して頂きました。
当然ある程度は想定していたため、担保を設定していた。
現地での管理体制を強化している、と丁寧に説明して頂きました。
ペルー案件についての近況のホットな話題もして頂きました。
ペルーでは日本の投資資金に対する減税措置がされたようで、
直近のファンドの利回りが高くなるようです。
3/10に募集開始した案件も利回り11.4%と、これまでの10.5%より約1%も利回りが上がっています。
(11.4%の案件に投資したいのですが、3月はIPOと優待で資金難です・・・4月も同利回りで出ると助かります・・・。)

OwnersBook 岩野氏


今は少額しか投資してないですが、
今後少しずつ増やしていきます、と挨拶したところ、
ポートフォリオの片隅にでも入れておいてください、と謙虚な回答を頂きました。
個人的には、未成年口座を開設できるようになったら子供の資産運用を行いたい口座のメイン候補なのですが、
伝え忘れました・・・。
あと、不動産市況について色々聞くべきでした・・・。


感想



投資したことがない人にとって、投資家の体験談は投資に踏み切るきっかけとなったのではないでしょうか。
パネルディスカッションでは、業界の今後について業者の方から色々な意見を聞くことができ、
楽しみながら聞くことができました。
サミット終了後に、事業者の方や、ブロガーの方と名刺交換できたことも収穫でした。
今後もサミットなど複数の業者が集まる会には積極的に参加したいですが、
1泊する必要があるため、なかなか参加できないかもしれません・・・。
(実際に行った方がいいのですが、ネットから参加とかできませんかね?^^;)
ソーシャルレンディングをもっとよくするには?というテーマで、投資家と事業者で話し合うような会合もあると面白い気がします。

事業者の方全員と名刺交換したかったのですが、時間がなく、一部だけにとどまってしまいましたが・・・。
ブロガーの方では、以下の5名の方と名刺交換できました。
けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記のけにごろうさん
ソーシャルレンディング赤裸々日記のファイアフェレットさん
ソーシャルレンディング ウォッチのまさおさん
IPOで稼ぐメカニックの株ログのIPOメカニックさん
ソーシャルレンディングの投資ノートのsocial-noteさん(翌日にクラウドポートさんに訪問した際)
私はセミナーなどにも参加できないため、今回のサミットでお会いできて非常に嬉しかったです。
最近更新をサボり気味でしたが、少しずつ稼働を上げていこうと思いますので、今後ともよろしくお願いします。